メディア

【ミニ国家】面積が小さい国ランキング! 1位「バチカン市国」に続く2位と3位、分かる?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 島国である日本の面積は、アメリカやロシアなどの大国に比べれば小さな方です。しかし、国連統計部の「人口統計年鑑2019」によれば、日本の面積は大きい方から見て62番目(全240カ国・地域中)であり、世界には日本よりも小さな国がたくさんあることが分かります。

 今回は、面積が小さい国をランキング形式で紹介します。最も面積が小さい国は有名かもしれませんが、それに続く国は知っているでしょうか?

出典:UNSD — Demographic and Social Statistics/参考:面積の小さい国(外務省)国土面積 国別ランキング(StatDB

advertisement

第3位:ナウル(21平方km)

 第3位は、オーストラリアの北西に位置する島国のナウル共和国です。面積は21平方kmであり、東京都品川区(22.84平方km)と同じくらいの大きさとなっています。

 ナウルは第二次世界大戦後にイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの3国を施政国とする国連の委任統治領となり、その後、1966年に内政自治を獲得、2年後の1968年に独立を果たします。1990年代まではリン鉱石の採掘が盛んな資源国でしたが、近年は観光業に注力。Twitterのナウル共和国政府観光局の公式アカウントは17万6000フォロワーを超える人気ぶりです。

advertisement

第2位:モナコ(1.95平方km)

 第2位は、フランス南東の端に位置するモナコ公国です。面積は1.95平方kmで、日本の皇居(外苑含む)の面積である2.3平方kmよりも小さいです。

 モナコは、国連加盟国に限れば世界最小で、事実上の首都であるモナコ市がそのまま全領土になっています。また、モナコは金融業と観光業が盛んです。観光業に関していえば、モナコ大聖堂やアントワーヌ要塞といった歴史的建造物や、F1レースや世界ラリー選手権の開催地としても有名。年間を通して過ごしやすい気候であることから、高級リゾート地としても人気を集めています。

advertisement

第1位:バチカン市国(0.44平方km)

 第1位は、イタリアのローマ市内にあるバチカン市国です。面積は0.44平方kmで、東京ディズニーランド(0.465平方キロメートル)よりも小さいです。

 バチカンは、ローマ教皇庁によって統治されるカトリック教会の総本山です。また、その国土のすべてが世界遺産に登録されていて、サン・ピエトロ大聖堂、システィーナ礼拝堂などをはじめとするさまざまな歴史的建造物があります。観光地として有名ですが、一般の観光客が入れるのはサン・ピエトロ大聖堂、サン・ピエトロ広場、バチカン博物館周辺などに限られています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.