メディア

「10代女子が憧れる首都圏の街」ランキングTOP10! 1位は「渋谷」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年10月13日、賃貸情報サイトなどを手がけるCHINTAIが、女性向け賃貸物件検索サイト「Woman.CHINTAI」の女性ユーザーを対象に実施した「一度は住んでみたい憧れの街ランキング」のアンケート結果を発表しました。今回はその中から「10代後半が憧れる街」の結果を見ていきましょう。

 アンケートは、関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の18歳~39歳の未婚女性を対象に実施。1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の中で「一度は住んでみたい憧れの街(駅名)」を回答してもらっています。今回は年代別に集計されたランキングのうち、10代後半女性の結果を紹介します。

(出典:Woman.CHINTAI「一度は住んでみたい憧れの街ランキング」

advertisement

第3位:新宿

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「新宿」でした。東京のビジネスの中心地として知られ、新宿駅の周辺には多くの高層ビルが立ち並びます。新宿駅にはJR各線のほか、京王線や小田急線などの私鉄も乗り入れており、各方面へのアクセスは抜群。大規模商業施設や映画館、美術館といったスポットもたくさんあるにぎやかな街です。

 一方、新宿駅の西口方面に広がる新宿大ガードや、東口方面の歓楽街・歌舞伎町などは、ディープなスポットとして人気です。また新宿中央公園や明治神宮外苑、渋谷区までまたがる新宿御苑など、自然あふれるエリアもたくさんあります。

advertisement

第2位:横浜

画像は「写真AC」より引用

 第2位は「横浜」でした。今回の調査では、20代前半で1位、20代後半・30代前半・30代後半で2位にランクインと、多くの世代から支持を集めました。全世代のランキングでも2位に入り、多くの人が憧れる街となっています。

 横浜駅がある横浜市西区は、中区まで広がる「横浜みなとみらい21(みなとみらい)」などを有する、市内有数の商業・観光エリアとして知られます。また、横浜の代名詞である商業施設「横浜ランドマークタワー」をはじめ、「横浜アンパンマンこどもミュージアム」や「野毛山動物園」など、子どもから大人まで楽しめるスポットが充実。シングル女性からファミリーまで、幅広い世代が暮らしやすいエリアとなっています。

advertisement

第1位:渋谷

 第1位は“若者の街”として知られる「渋谷」でした。渋谷駅の周辺には、ファッショントレンドの発信地である「SHIBUYA109」をはじめとする多くの商業施設が立ち並び、日々多くの若者でにぎわっています。また「渋谷ヒカリエ」「渋谷ストリーム」といった大規模複合施設もあり、さまざまな楽しみに出会えます。

 2020年には、街のシンボルの1つだった宮下公園がリニューアル。ホテルや商業施設と一体となった「MIYASHITA PARK」として生まれ変わりました。パーク内には、さまざまなジャンルの店舗が並ぶ商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」などがあり、新たな注目スポットとして人気を集めています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.