メディア

【女性が選んだ】「乃木坂46に移籍しても活躍しそうな現役日向坂46メンバー」ランキングTOP32! 第1位は「佐々木久美」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「日向坂46」は、 秋元康さんのプロデュースで活動しているアイドルグループです。2015年に誕生した「けやき坂46」が元となっており、2019年に現在のグループ名へ改称しました。2022年3月には東京ドームでのライブ公演を実現するなど、ファンから人気を集めています。

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、 全国の女性を対象に「乃木坂46に移籍しても活躍しそうな現役日向坂46メンバー」のテーマでアンケートを実施しました。

 今回は、実施したアンケートの集計結果をもとに、現役の日向坂46メンバーで乃木坂46に移籍しても活躍が期待できるのはどのメンバーか、ランキング形式で紹介します。それでは、結果を見てみましょう!

advertisement

第2位:佐々木美玲

 第2位となったのは「佐々木美玲」さんです。2016年に実施された「けやき坂46オーディション」の合格者で、グループ名が日向坂46へ改称された現在でも所属しているメンバーの1人となります。

 佐々木美玲さんがファンから乃木坂46へ移籍しても活躍しそうだと考えられる理由が「歌唱力の高さ」です。2020年にリリースされた日向坂46の1stアルバム「ひなたざか」でのリード曲「アザトカワイイ」、2021年に発売された5thシングル「君しか勝たん」のC/W曲「声の足跡」でセンターポジションを務めています。その活躍から、けやき坂46時代からのエースだと称する声もあります。

advertisement

第1位:佐々木久美

 第1位となったのは「佐々木久美」さんです。2016年に実施されたオーディションの合格者としてけやき坂46に所属し、グループ名が変更となった現在でもメンバーの一員で活躍しています。

 佐々木久美さんが乃木坂46へ移籍しても活躍しそうだと考えられる理由に「キャプテンシーの高さ」が挙げられます。2018年からグループのキャプテンを務めており、4期生まで加入している現所属メンバーを引っ張る立場として活躍しています。

 佐々木久美さんのキャプテンシーの高さが発揮されたのは、2022年3月に開催された東京ドームでのライブ公演にてメンバーを代表し行ったスピーチです。日向坂46へ改称してから3周年を迎えたイベントで、夢に見ていた東京ドーム公演への想いと後輩メンバーに対してのねぎらいの言葉、ファンへの感謝が込められたスピーチ内容に観客から拍手が沸き起こりました。これらのシーンから、佐々木久美さんに対するメンバーやファンからの信頼と実力の高さが見受けられるのではないでしょうか。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「芸能人」のアクセスランキング