メディア

「日本の最高気温」ランキングTOP24! 1位は「浜松」と「熊谷」【7月25日は最高気温記念日】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日7月25日は「最高気温記念日」です。1933年7月25日に、山形県山形市で40.8度を記録したことが由来となっています。この最高気温は、2007年8月16日に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9度を記録するまで破られることがありませんでした。

 その後も2013年8月12日に41.0度を観測(高知県四万十市江川崎)、2018年7月18日に40.7度(岐阜県多治見市)、同年7月23日には埼玉県熊谷市でついに41.1度を観測しました。

 今年も猛暑が続いていますが、最高気温が更新されることはあるのでしょうか。今回は「最高気温記念日」にちなんで、「『日本の最高気温』ランキング」を紹介します。このランキングは、気象庁のデータをもとにして作成したものです。さっそく、ランキングを見ていきましょう。

(出典:気象庁「歴代全国ランキング」

advertisement

第1位:熊谷(埼玉県・41.1℃)

画像:写真AC

 第1位は、41.1℃を記録した2つの地域がランクイン。1つ目は埼玉の「熊谷」でした。当時の気象庁によれば、太平洋高気圧の上にチベット高気圧が重なり、気温が高い状態が続いた影響とのことです。

advertisement

第1位:浜松(静岡県・41.1℃)

画像:写真AC

 熊谷と並んで第1位となったのは、静岡の「浜松」でした。当時の気象庁によれば、日本の上空に太平洋と大陸から張り出した高気圧が重なり、気温を上昇させたそうです。また浜松市中区などでフェーン現象が発生したのも、気温上昇の一因とのことです。

 ランキングTOP20は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング