メディア

人間とペットがふれあうとき、ペットも癒されているの? 詳しく解説

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。テーマは「ペットが与えてくれる影響」です。

めい太郎先生

 ペットに関する研究の結果、さまざまな効果をもたらしてくれることが証明されています。

advertisement

解説

 例えばペットと一緒にいると癒されるのは、「オキシトシン」というホルモンが発生するからです。オキシトシンは“幸せホルモン”や“愛情ホルモン”とも呼ばれていて、嬉しい・楽しい・気持ちいいと感じたときや、ペットの体をやさしく撫でたとき、アイコンタクトをとったときなどに脳から出されます。また、相手への信頼感や絆を深める働きもあります。

 オキシトシンは人間だけでなく、ペットからも同じように体を撫でられたときや、アイコンタクトをとったときに出されています。つまり人間とペットがふれあうことで、お互いにオキシトシンが増え、その結果、幸せな気持ちになるというわけです。

 また高齢者の方の場合、ペットを飼うことで血圧や脈拍が安定したり、脳が活性化されて認知症の予防に効果的であることも証明されています。他にも、日々の生活にメリハリがついてリズムが生まれ、笑顔が増えたり、やる気が出ることもわかっています。

 さらに「病気の患者さんにも効果がある」という研究結果も出ています。ペットを飼うことで、患者さんの体調回復や精神的な癒しに効果的だという事例も報告されています。

advertisement

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい
毎週月曜〜金曜 7:37 – 7:42番組HP
晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.