メディア

【NBA】史上最高のプレーヤーランキングTOP30! 1位の「マイケル・ジョーダン」に続く2位は?【ESPN調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日2月17日は、元プロバスケットボール選手のマイケル・ジョーダンの誕生日です。「史上最高のバスケットボール選手」といわれるジョーダンは、1963年2月17日に生まれ、本日59歳の誕生日を迎えました。抜群の身体能力や勝負強さで、バスケ界のスーパースターとして多くのファンを魅了してきたジョーダン。 今もなお、憧れの人物としてジョーダンの名を挙げる選手も少なくありません。

 そこで今回は、「史上最高のNBAプレーヤー」のランキング結果を見てみましょう! この結果は、ウォルト・ディズニー社傘下のスポーツ専門チャンネル「ESPN」によるランキングをもとにしています。世界の名プレーヤーが活躍するNBAの長い歴史のなかで、「最高の選手」に選ばれたのは?

【出典】ESPN「Ranking the top 74 NBA players of all time

advertisement

第3位:カリーム・アブドゥル=ジャバー(Kareem Abdul-Jabbar)

カリーム・アブドゥル=ジャバー
画像はNBA.comより引用

 第3位はカリーム・アブドゥル=ジャバー(Kareem Abdul-Jabbar)です。1969年にミルウォーキーバックスに入団し、ルーキーながらも素晴らしい成績を収めました。

 彼の魅力は、身長およそ218cmという恵まれた体格と卓越した才能です。いかにして自分の能力を発揮するべきか考え、鍛錬を続けてきました。その結果、習得したのがスカイフックというシュートの技術です。非常に高い位置から放たれるスカイフックを止めるのは極めて困難。この必殺技を武器に、プロ2年目のシーズンでMVPを獲得しました。

 約20年間にわたって第一線に立ち続けた彼の偉業は、引退から30年以上が経過した現在も各方面で話題になっています。

advertisement

第2位:レブロン・ジェームズ(LeBron James)

レブロン・ジェームズ
画像はNBA.comより引用

 第2位はレブロン・ジェームズ(LeBron James)です。2003年にクリーブランド・キャバリアーズに入団し、開幕した当初から得点に絡んで存在感を示していました。

 一躍有名になったのは、2005年~2006年のレギュラーシーズンです。重要な局面で強さを見せつけ、所属チームのプレーオフ進出に貢献しました。さらに、オールスターゲームで史上最年少のMVPに輝き、その後も栄誉ある賞を数多く授与されています。

 現在37歳の彼は現役19シーズン目の大ベテランですが、2022年2月13日(現地時間12日)、レギュラーシーズン通算3万6526得点(歴代3位)と、プレーオフ通算7631得点(歴代1位)の計4万4157得点に到達し、通算合計得点でNBA歴代1位となる偉業を成し遂げました。

advertisement

第1位:マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)

マイケル・ジョーダン
画像はNBA.comより引用

 堂々の第1位は、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)です。1984年にシカゴ・ブルズに入団し、プロ1年目ながらもリーグ上位の得点率を記録しました。

 2003年に引退したものの、彼は「バスケの神様」と呼ばれ、言わずと知れたバスケットボール界のレジェンドです。彼が現役時代に確立した攻撃スタイルは、今も多くの人々の脳裏に焼き付いているのではないでしょうか。特に、キャリア初期に編み出した「Air」は、他に類を見ないテクニックです。翼が生えた鳥のように長い滞空時間で決めるダンクシュートは圧巻。その超人的なパフォーマンスは芸術に匹敵する美しささえ感じさせます。

 NBAプレーヤーランキングTOP30は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング