メディア

「猫が活躍する映画」ランキングTOP19 1位はスタジオジブリの「猫の恩返し」!【2021年最新調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ペット愛好家のための情報を発信するメディア「pepy」では、全国の男女800人を対象に「猫が活躍している映画」についてアンケートを実施しました。

 猫をテーマとしたり、猫のキャラクターなどが活躍したりする映画の中で、最も票を集めたのはどんな作品だったのか、ランキング結果を見ていきましょう!

advertisement

第3位:岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち

 第3位は、2017年に公開された映画「岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」でした。動物写真家である岩合光昭さんが、猫の目線で世界の街角を撮影し、紹介するドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の劇場版です。回答者からは「コトラ家族とリンゴ農家の愛情たっぷりな生活。それを丹念に撮影し続ける岩合さんが素晴らしい」「津軽で逞しく生きる猫の親子の姿を涙無しでは見られなかった」といった声が寄せられていました。

advertisement

第2位:子猫物語

子猫物語
画像はAmazon.co.jpより引用

 第2位には、1986年公開の映画「子猫物語」がランクイン。「ムツゴロウさん」として知られる作家の畑正憲さんが監督・脚本を手がけ話題となった作品で、茶虎の子猫“チャトラン”の成長の物語を描いています。回答者からは「チャトランが川に流されるシーンは何度見ても泣きそうになってしまう」「子猫が旅に出て色々な動物と出会って危機に陥っても切り抜けていくおもしろさ」といった声が寄せられていました。

advertisement

第1位:猫の恩返し

猫の恩返し
画像はAmazon.co.jpより引用

 そして第1位となったのは、2002年に公開されたスタジオジブリのアニメ映画「猫の恩返し」でした。同じくジブリの「耳をすませば」のスピンオフとして制作された作品。子猫を助けたことにより“猫の国”に招待されることになった女子高生・ハルの冒険を描きます。回答者からは「ダンスに誘ったバロンが正体を明かすシーンがかっこよかった」「バロンが祝宴でハルを助けるシーンがかっこいい」といった声が寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

画像は写真ACより

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.