メディア

「矢沢永吉」のオリジナルアルバム人気ランキングTOP34! 2位の「P.M.9 」を上回る1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日9月14日は、歌手の矢沢永吉さんの72歳の誕生日です。1949年のこの日に生まれた矢沢さんは、1972年にバンド「キャロル」のリーダーとしてデビュー。1975年には「アイ・ラヴ・ユー,OK」でソロデビューし、壮絶な人生を明かした著書「成りあがり」の大ヒットは社会現象にもなりました。

 現在もスーパースターとして熱狂的なファンを多くもつ矢沢さん。そこで今回は、「矢沢永吉のオリジナルアルバム人気ランキング」(2021年3月・ねとらぼ調べ)の結果を見てみましょう! 全34作のオリジナルアルバムのうち、最も人気を集めた作品は?

advertisement

第2位:P.M.9

 第2位は1982年リリースの「P.M.9」でした。得票数159、得票率10.4%となっています。

 海外のトップミュージシャンも参加した「P.M.9」は「当時の最先端だった」との評価が多く、「『初めてレコードに針を落とした時の驚きと感動を今でも覚えている」「あの音は当時の最高峰だったと思います」「『P.M.9』は日本人として初めて世界に認められたアルバムです。日本の音楽レベルをランクアップした作品」といったコメントが寄せられており、今もファンの心をつかんで離しません。

advertisement

第1位:E’

 1位は1984年リリースの12thアルバム「E’」でした。得票数188票、得票率は12.3%です。「P.M.9」に参加したギタリスト、アンドリュー・ゴールドを共同プロデューサーに迎えており、斬新で心地よいロックサウンドが特徴。ファンからの人気が高い名曲「逃亡者」が収録されています。

 コメントでは「時代を先取りしていた斬新なアレンジ。車で聴くとすごく気持ち良い曲の流れ。エンディングの『回転扉(ドア)』からオープニングの『スタイナー(Introduction)』へ自然につながっていくのも秀逸です」「『逃亡者』は最高な楽曲!」といった、熱いメッセージが寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.