名曲だと思う「沢田研二」のシングルは?【人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1967年にザ・タイガースのボーカルとしてデビューし、解散後1971年にソロデビューを果たした沢田研二さん。ジュリーの愛称で親しまれ、いまだ現役で活躍を続けています。

 今回は、「名曲だと思う沢田研二のシングルは?」というテーマでアンケートを行います。名曲ぞろいの沢田研二さんのシングルの中で、あなたが推す曲をぜひ教えてください。ここでは、過去に実施したアンケート「『沢田研二』の好きなシングル曲ランキング」で、上位に選ばれた3曲を紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

君をのせて

出典:Amazon.co.jp
君をのせて"

君をのせて

250円(05/25 16:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

 沢田さんのソロデビューシングルで、1971年11月にリリースされました。歌詞は聴く人によって解釈を変えさせる奥深さがあり、沢田さんの透き通った歌声が各々の世界観を映し出してくれるようです。デビュー曲ということもあり、思い入れがある人も多いのではないでしょうか。

advertisement

時の過ぎゆくままに

出典:Amazon.co.jp

 1975年8月に発売された、沢田さんの14枚目のシングルです。沢田さんが主演のドラマ「悪魔のようなあいつ」の挿入歌に使用され、オリコン週間チャート1位、91.6万枚を売り上げる大ヒットとなりました。沢田さんのシングルの中で、最も売れた楽曲です。

advertisement

勝手にしやがれ

出典:Amazon.co.jp
勝手にしやがれ"

勝手にしやがれ

250円(05/25 16:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

 19枚目のシングルで、1977年5月にリリースされました。女性と別れた男性の痩せ我慢を主軸にした歌詞でありながら、沢田さんが歌うとカッコよくなってしまうから不思議です。累計で約89万枚を売り上げ、沢田さんの代表曲の一つとなりました。

advertisement

名曲だと思う「沢田研二」のシングルは?

 以上、3曲を紹介しました。名曲ぞろいの沢田研二さんのシングルですが、あなたが特に名曲だと思う曲にぜひご投票ください。また、曲への思い入れなどをコメントに残していただけるとうれしいです。

参考

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング