メディア

【岡田准一】出演映画ランキングTOP20! 「図書館戦争シリーズ」が1位に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年4月10日から4月24日までの間、ねとらぼ調査隊では「岡田准一の主演映画であなたが一番好きなのは?」というアンケートを実施していました。

 役者としても高い評価を得ている岡田准一さん。主演映画は毎回大きな話題となり、高い身体能力を生かしたアクションシーンにも注目が集まります。

 今回のアンケートでは計2597票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます!さっそく結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:海賊とよばれた男

 第10位は「海賊とよばれた男」です。百田尚樹さんの小説を原作とする作品で、2016年に公開されました。岡田さんは、社員の幸せと国の将来を思い、石油の販売に情熱を捧げた国岡鐵造を演じています。

advertisement

第9位:東京タワー

 第9位は2005年公開の「東京タワー」。江國香織さんの小説を映画化した作品で、岡田さんは年上の既婚女性と恋に落ちる大学生、小島透を演じています。コメント欄には「今とは違う、線の細い儚い感じの男の子役、当時、とても似合ってました」という声をいただきました。

東京タワー プレミアム・エディション [DVD]"

東京タワー プレミアム・エディション [DVD]

黒木瞳, 岡田准一, 松本潤, 寺島しのぶ, 宮迫博之, 平山あや
5,534円(12/02 04:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第8位:散り椿

 第8位は「散り椿」。葉室麟さんの小説を原作にした、2018年公開の時代劇作品です。岡田さんが演じたのは妻を亡くした武士、瓜生新兵衛。コメント欄には「殺陣がゆっくりのようで素早く相手を斬る様子が本当にかっこよくて」「殺陣の時に刀の音に感動した」という声が寄せられました。

散り椿"

散り椿

岡田准一, 西島秀俊, 黒木華, 池松壮亮, 麻生久美子
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第7位:おと・な・り

 第7位は「おと・な・り」。2009年公開の作品で、岡田さんはアパートの隣人と音を通じて心を通わせるカメラマン、野島聡を演じています。コメント欄には「ふわっとした世界観が好きです。カメラを構えてる姿も良かった」という声をいただきました。

advertisement

第6位:フライ,ダディ,フライ

 第6位は「フライ,ダディ,フライ」です。2005年公開の作品で、原作は金城一紀さんの小説。岡田さんはケンカの強い高校生、朴舜臣(パク・スンシン)を演じています。コメント欄には「アクション俳優へと進む原点となる作品」「孤独・強い・色っぽい・かわいいスンシンは岡田くんが適役」といった声をいただきました。

advertisement

第5位:ザ・ファブル

 第5位は「ザ・ファブル」です。2019年公開の作品で、原作は南勝久さんの人気漫画。岡田さんは凄腕の殺し屋ながら普通に生きることを課せられた佐藤明を演じ、一部のアクションシーンは自ら作りあげています。2021年には第2作「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」が公開予定です。

advertisement

第4位:木更津キャッツアイシリーズ

 第4位は「木更津キャッツアイシリーズ」でした。2003年に「日本シリーズ」、2006年には「ワールドシリーズ」が公開されています。TBS系列で放送された青春コメディドラマの映画化作品で、岡田さんはシリーズを通して余命半年の宣告を受けたぶっさん(田渕公平)を演じました。コメント欄には「TV→日本→ワールドと進むにつれ、岡田くんの成長具合が如実にわかって、岡田くんすごい! って思った」という声をいただきました。

advertisement

第3位:永遠の0

 第3位は、225票を獲得した「永遠の0」でした。2013年公開の映画で、原作は百田尚樹さんの小説。第38回日本アカデミー賞で最優秀作品賞と最優秀主演男優賞を受賞した作品です。岡田さんは太平洋戦争中のゼロ戦パイロット・宮部久蔵を演じました。コメント欄には「感動して何回も見に行きました」という声があがっていました。

advertisement

第2位:SPシリーズ

 第2位は597票を集めた「SPシリーズ」。2010年に「野望篇」、2011年には「革命篇」の2本が公開されています。フジテレビ系列で放送されたドラマの劇場版であり、岡田さんは特殊な能力を持つSP、井上薫を熱演。体を張った大迫力のアクションシーンが話題になりました。コメント欄には「あんなカッコいいSPが欲しい」「井上薫というシリアスとコミカル融合のキャラクターが何年経っても色褪せず愛おしい」という声をいただきました。

advertisement

第1位:図書館戦争シリーズ

 第1位は「図書館戦争シリーズ」です! 獲得票数は974票と、2位に大差をつける結果となりました。同シリーズは有川浩さんの小説を原作にした作品で、2013年に「図書館戦争」、2015年に「図書館戦争 THE LAST MISSION」の2本が公開されています。

 あらゆる情報が検閲・規制される架空の日本を舞台に、表現の自由を守る図書特殊部隊に所属する堂上篤を演じた岡田さん。激しいアクションあり、恋愛要素ありといった内容で、幅広い層から支持を得ました。

 コメント欄には「堂上教官のツンデレがたまらない」「堂上教官がかっこよすぎる」など、とにかくカッコいい堂上教官への熱い声がたくさん寄せられました。

TOP10以外の作品にも熱烈な支持が

 「『関ヶ原』は演技も所作などもすばらしく、歴史物で初めて感情移入して泣いた」「『エヴェレスト 神々の山嶺』は標高5200mで撮影されたドキュメンタリー映画のよう」など、数々の作品に熱いコメントをいただきました。さらに「選べない!」という声も。名作から1つに絞って投票してくださった皆さん、ありがとうございました!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.