「このマンガがすごい!2024」ランキングTOP10! 「オトコ編」1位は「ダイヤモンドの功罪」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 宝島社が毎年発行しているマンガランキング本の最新版「このマンガがすごい!2024」が12月13日に発売。オトコ編1位が平井大橋「ダイヤモンドの功罪」、オンナ編1位が大白小蟹「うみべのストーブ 大白小蟹短編集」に決定した。

 あのさんが表紙の「このマンガがすごい!2024」では、11位から20位までのランキングも公開される。ここではオトコ編の1位から10位までを紹介する。

(出典元:このマンガがすごい!2024

advertisement

「このマンガがすごい!2024」ランキングTOP10【オトコ編】

画像:このマンガがすごい!2024
advertisement

第2位:「黄泉のツガイ」荒川弘/スクウェア・エニックス

出典:Amazon.co.jp
黄泉のツガイ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)"

黄泉のツガイ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

荒川弘
550円(07/24 02:44時点)
発売日: 2022/06/10
Amazonの情報を掲載しています

 スクウェア・エニックス「月刊少年ガンガン」2022年1月号より連載している荒川弘さんによるファンタジー。山奥の小さな村で暮らす少年のユルには、村の奥にある牢の中で「おつとめ」を果たす双子の妹のアサがいた。2人を巡り村は対立し闘いが繰り広げられて――。「ツガイ」と呼ばれる異形とその「ツガイ」を操る能力者同士のバトルが見どころ。

advertisement

第1位:「ダイヤモンドの功罪」平井大橋/集英社

出典:Amazon.co.jp
ダイヤモンドの功罪 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)"

ダイヤモンドの功罪 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

平井大橋
711円(07/24 02:44時点)
発売日: 2023/06/19
Amazonの情報を掲載しています

 オトコ編1位に選ばれた「ダイヤモンドの功罪」は、野球をテーマにした読み切り作品を描いてきた平井大橋による初連載作品。主人公は、恵まれた体格と抜群の運動神経を誇る小学5年生の綾瀬川次郎。その天才性ゆえにどんなスポーツクラブに入っても常に疎外感を抱いていたが、そんなとき“楽しい”をモットーとする少年野球チームのチラシを目にして――。野球を題材に少年期の心理面にフォーカスした青春群像劇。

 ランキングの全順位は、次のページから!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング