メディア

【機動戦士Zガンダム】好きなパイロットランキングTOP26! 第1位は「クワトロ・バジーナ」に決定!【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1985年放送の人気アニメ「機動戦士Zガンダム」。大人や子ども、ニュータイプやオールドタイプ、数多くの登場人物がパイロットとしてモビルスーツへと乗り込み、戦いに身を投じていきました。それぞれの思惑や主義主張をぶつけ合うキャラクター達に、今も多くの人が魅了されています。

 ねとらぼ調査隊では、2月14日から2月27日まで、「あなたが好きな機動戦士Zガンダムのパイロットは?」というアンケートを実施しました。

 今回のアンケートでは3335票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、さっそく結果を見ていきましょう。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

第10位:マウアー・ファラオ

 第10位は、マウアー・ファラオ。得票数は77票でした。ティターンズ所属のモビルスーツパイロットで、緑色の髪の毛が特徴的な女性。階級は少尉。同じくティターンズのジェリド・メサのパートナーであり、ピンチの時にはその身をていして彼を守るなどの活躍を見せました。

第10位:マウアー・ファラオ(画像は『楽天市場』より引用)
画像は「楽天市場」より引用
advertisement

第9位:パプテマス・シロッコ

 第9位は、パプテマス・シロッコ。得票数は101票でした。ティターンズ所属の大尉。「木星帰りの男」とも呼ばれています。モビルスーツのパイロットとしてトップクラスの実力を誇り、さらには機体の設計や開発にも携わるなど、多彩な才能を持った人物です。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第8位:アポリー・ベイ

 第8位は、アポリー・ベイ。得票数は112票でした。クワトロ・バジーナの一年戦争時代からの部下で、階級は中尉。ガンダムMk-II強奪作戦にも加わっている、ベテランのモビルスーツパイロットです。カミーユの危機を幾度となく救い、多くの敵を破っています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第7位:フォウ・ムラサメ

 第7位は、フォウ・ムラサメ。得票数は168票でした。ニュータイプ研究施設・ムラサメ研究所の強化人間。ニュータイプ専用可変モビルアーマー・サイコガンダムに搭乗し、カミーユたちの前に立ちはだかりました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第6位:ハマーン・カーン

 第6位は、ハマーン・カーン。得票数は215票でした。ミネバ・ラオ・ザビの後見人で、ジオン公国の残党が有するアクシズの実質的指導者。ニュータイプとしてのパイロット能力だけではなく、戦略面や政治面においても優れた能力を持つ人物です。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第5位:ヤザン・ゲーブル

 第5位は、ヤザン・ゲーブル。得票数は274票でした。ティターンズ所属の大尉で、野獣のようと評される気性の荒いモビルスーツパイロット。ニュータイプではありませんが、能力は極めて高く、ニュータイプとして最高レベルの能力を持つカミーユとの戦いからも生還しています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第4位:エマ・シーン

 第4位は、エマ・シーン。得票数は408票でした。元々はティターンズに所属するパイロットでしたが、人質を取るなど卑劣な手段を選ぶ方針に反発、カミーユたちの属するエゥーゴへ参加しました。そうした行動からも分かるように、生真面目で誠実な性格の女性です。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第3位:アムロ・レイ

 第3位は、アムロ・レイ。得票数は428票でした。前作「機動戦士ガンダム」の主人公でもあるアムロ・レイは、一年戦争後しばらくは軟禁状態にありました。その後カラバへ合流すると、前作と変わらない戦闘能力を発揮。かつてのライバルが所属するエゥーゴの援助に尽力しました。

 前作では少年だったアムロが大人になって登場したことはやはり印象深いようで、コメントでは「アムロが大人になって復活するところが好き」「やっぱアムロでしょ!ブランクがあっても戦闘センスは衰えていないところがさすが」といった声が見られました。

画像はAmazon.co.jpより引用
advertisement

第2位:カミーユ・ビダン

 第2位は、カミーユ・ビダン。得票数は507票でした。機動戦士Zガンダムの主人公であるカミーユ・ビダンは、17歳の繊細なところのある少年。ジェリドに自身の名前をからかわれて反発したことをきっかけに、モビルスーツの強奪作戦に参加、そしてパイロットとして戦いに身を投じることになります。

 ニュータイプとして最高峰の能力を有するとも言われており、「カミーユ1択。1話からニュータイプの片鱗を見せ、初見ながらマークⅡを親父のデータ見ただけで操縦するとかどんだけセンス良いんだよ!と感動した。説明書見ながらのアムロは理解出来るけどあのシーンは忘れられない」と、その高い能力を評価するコメントも寄せられました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第1位:クワトロ・バジーナ

 そして第1位に輝いたのは、クワトロ・バジーナ。得票数は740票でした。エゥーゴ所属の大尉。金髪に赤い制服が特徴的な男性で、その正体は「赤い彗星」の異名で呼ばれていた、シャア・アズナブルです。反ティターンズ組織であるエゥーゴの設立に関わる重要人物ですが、いちパイロットとしてカミーユと共に前線へ立ち続けます。

 前作主人公の最大の敵として立ちはだかった人物が味方として登場したZガンダム。「クワトロ大尉。リックディアスで始まり百式で終わる、Zはそう言う物語。シャアが味方だったら…ifとも言える設定」「1stとCCAでは吹っ切れてるシャアが苦悩しまくるところがいい。歳を取るとクワトロに共感するようになりました(笑)」など、他の作品とは違う彼の人間性も魅力だったということがコメントからうかがえます。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

コメント欄で多かったのは……

 コメント欄でもさまざまなキャラクターの名前を挙げていただきました。中でも、「すべてのガンダムキャラで一番好き。まさしく栄光と挫折の人生。あの時、カミーユと会わなければ。あの時、呟かなければ。あの時、カプセルを撃たなければ」という、カミーユと関わってしまったばかりに不遇な扱いを受けることになったティターンズのエリートパイロット、ジェリド・メサへのコメントが見受けられました。

 そのほかにも、「ヘンケン・ベッケナー艦長、ナレーションも小杉さんだし。エマ中尉を護るため盾となったラーディシュの最期のシーンは涙なしには……」「ライラ大尉。Zで数少ないまともな軍人さんで、腕が立ちしかも美人」「ロザミーの状態の時のロザミアは最高にかわいい!」と言った声も聞かれました。Zガンダムのキャラクターが、今も多くのファンに愛されていることがよくわかりますね。みなさんの投票とコメント、ありがとうございました!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング