メディア

「世界のYouTuber」高収入ランキングTOP10! 約30億円を稼いだ少年が3年連続で1位に! 【2020年フォーブス調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 YouTubeに動画を投稿して広告収入を得ているYouTuberは、1年間でどれぐらいのお金を稼いでいるのでしょうか。今回は、アメリカの大手ビジネス雑誌である『Forbes』誌がまとめた「最も稼ぐユーチューバーランキング」をもとに、2020年に世界で最も稼いだYouTuberトップ3を紹介します。なお、こちらのランキングは2019年6月1日~2020年6月1日までの1年間を対象期間としています。

最も稼ぐユーチューバーとは(画像はイメージです)
画像は「写真AC」より引用
advertisement

第3位:デュード・パーフェクト

 第3位は、2300万ドルを稼いだデュード・パーフェクトです。2009年に結成したグループYouTuberで、テイラー・トニーさん、コビー・コットンさん、コリー・コットンさん、ギャレット・ヒルバートさん、コディー・ジョーンズさんの5人で構成されています。

画像は「YouTube」から引用

 彼らの主なジャンルはスポーツとコメディで、中でも人気なのが「Trick Shots(トリックショット)」というシリーズ。こちらは「家の玄関から道路のごみ箱にごみ袋を投げ入れる」などのミラクルを、1本の動画に複数収めているのが特徴です。2009年4月9日にアップした最初の動画もトリックショットであり、開設当初より彼らのチャンネルの中核を担っています。

advertisement

第2位:ミスタービースト(ジミー・ドナルドソン)

 第2位は、2400万ドルを稼いだ「ミスタービースト」こと、ジミー・ドナルドソンさんです。2012年からYouTubeへの動画投稿を行っていますが、今回初のランクインとなりました。

画像は「YouTube」から引用

 彼のジャンルは企画動画、チャレンジ動画、チャリティー動画、Vlogなど多岐にわたります。中でも特に人気なのは「1億個のオービーズでプールを作る」「7万ドルのゴールデンピザを食べる」などのように、多くの制作費をかけた高価な動画です。また、「50時間独房で過ごしてみた」「24時間水中で過ごしてみた」のような体当たり系のチャレンジ動画も人気です。

advertisement

第1位:ライアン・カジ

 第1位は、2950万ドルを稼いだライアン・カジさんです。2015年にYouTubeへの動画投稿をはじめ、2018年版のランキングで1位に輝きます。それから3年連続で第1位をキープしているトップYouTuberです。

画像は「YouTube」から引用

 主なジャンルはキッズ向け動画で、メインチャンネルの「Ryan’s World」ではおもちゃのレビューや「大きなシャボン玉を作る」などの実験を行っていることが多いです。特に2016年4月4日に公開された「アスレチックに隠されたおもちゃを見つける」という動画は、20億回以上も再生されています。また、日本語チャンネルの「ライアンズ ・ワールド」も開設しています。

 さまざまな企画で見る人を楽しませてくれる、世界の人気YouTuberたち。全順位は次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.