メディア

【アメコミ映画】「スパイダーマン」や「ブラックウィドウ」公開前に見たい、オススメのアメコミ映画20選!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 高度な映像表現やド派手なアクションだけでなく、人間ドラマや社会問題を鋭く描写した作品が多い「アメコミ映画」。第92回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した「ジョーカー」を生んだDCコミックス、そしてMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で社会現象を起こしたマーベル・コミックが原作の映画です。

 2020年は多くの作品が公開延期となりましたが、今年は「ブラック・ウィドウ」をはじめとする7作品の上映が予定され、再びスクリーンでヒーロー/ヒロインたちが活躍するのを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

 今回ねとらぼ調査隊では、そんな「アメコミ映画」からDCコミックスとマーベル・コミックの映画計20タイトルを独断と偏見で厳選。まずは今年公開を控えている作品と関連が深い3本を紹介します。

advertisement

アベンジャーズ/エンドゲーム

 アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルクなどスーパーヒーローたちが集結する「アベンジャーズ」シリーズの第4作。最強の宿敵・サノスとの最終決戦に世界中がスクリーンに釘付けになりました。

 その過酷な戦いのなか、とある重大な決断を下した凄腕エージェント、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフの活躍に涙を流した人も多いのではないでしょうか。2021年4月29日に公開が予定されている「ブラック・ウィドウ」では、なぜ彼女が過酷な運命に身を投じることになったのかが明らかにされるそうです。

 特殊能力をもたない生身の人間でありながら、磨き上げた身体能力を駆使して戦うブラック・ウィドウ。その素性はほとんど謎に包まれていますが、本作で垣間見せた仲間への強い思いが込められた場面は必見です。

画像は「マーベル公式サイト」から引用
advertisement

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒

 DCコミックスを代表するヒーロー、バットマンのヴィラン(悪役)であるハーレイ・クインが主役のアクション・エンターテイメント。2016年に公開された映画「スーサイド・スクワッド」のスピンオフ作品です。

 恋人だったジョーカーに別れを告げられたハーレイ・クインは、犯罪都市ゴッサムシティの悪党から命を狙われるように。ひょんなことから大物犯罪者ブラックマスクから少女を守るために、女性だけのチームを結成し対峙していきます。

 緊張感のあるアクションシーンとけれん味たっぷりなポップさが絶妙なバランスで両立している本作。今年、世界公開を控えている「ザ・スーサイド・スクワッド」でもハーレイ・クインの出演は決定しています。今のところ日本公開は未定ですが、本作のかわいくて強いハーレイを見ながら楽しみに待ちましょう!

画像は「Amazon.co.jp」から引用
advertisement

スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム

 「アベンジャーズ/エンドゲーム」後の世界を描いたMCU第23作にして、「スパイダーマン:ホームカミング」の続編である本作。ヨーロッパへ研修旅行へ出かけたスパイダーマンことピーター・パーカーが別次元からやってきたヒーロー、ミステリオと出会い、新たな事件に巻き込まれていくというストーリーです。

 「ホームカミング」では純真な青年だったピーターが、過去の経験や本作での出来事を通じて、ヒーローとしての在り方に悩んでいきます。映画史に残る大傑作だった「エンドゲーム」の直後に公開されたため、そのクオリティーを不安視する声も多くありましたが、だからこそ意義のある作品となっています。そんなスパイダーマンを襲う終盤の“真実”には、必ずや息をのむことでしょう。

 続編「スパイダーマン3(仮)」は、2021年12月には全米公開が決定。果たしてスパイダーマンは新たな試練に打ち勝つことができるでしょうか。本作を見ながら、どんな展開になるのか予想してみましょう!

画像は「Amazon.co.jp」から引用

 ここまでねとらぼ調査隊が厳選した20作品から、今年公開予定の関連作品3本を紹介してきました。なお今回はDCコミックス、マーベル・コミック原作の映画をそれぞれ10作品ずつピックアップ。すべてAmazonで配信されているので、どうぞお気軽にご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.