メディア

「岡田准一」主演映画の人気No.1を決めよう!【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ジャニーズグループ「V6」のメンバーで、俳優としても活躍する岡田准一さん。出演した映画やテレビドラマは数知れず、日本アカデミー賞で「最優秀主演男優賞」および「最優秀助演男優賞」の2冠を手にしたこともあります。

 今回ねとらぼ調査隊では、岡田准一さんが主演を務めた映画にスポットを当て、人気投票を実施します。まずは代表作の3本を紹介するので、お気に入りの映画がある人はぜひ投票してください! ちなみに、今回は声優としての出演作は対象外としています。

2019年公開の「ザ・ファブル」(画像は「ザ・ファブル」公式サイトより引用)
2019年公開の「ザ・ファブル」(画像は「ザ・ファブル」公式サイトより引用)
advertisement

永遠の0

 作家・百田尚樹さんの小説を原作とし、岡田さんが主人公の宮部久蔵役を務めた「永遠の0」。 太平洋戦争における零戦のパイロット(特攻隊)をテーマにした作品で、日本中を感動の渦に巻き込みました。

 2013年に公開され、興行収入は87.6億円。映画は海外でも高い評価受け、翌年にはイタリアの第16回ウディネ・ファーイースト映画祭でグランプリを受賞しています。岡田さんもこの作品で、第38回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を射止めました。

advertisement

SPシリーズ

 2007年から土曜ドラマ枠で放送されていた、「SP 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版。「野望篇」および「革命篇」の2部が制作され、ドラマではEDテーマにV6の「way of life」が使われていました。 興行収入はそれぞれ36.3億円と33.3億円。

 岡田さんは、警護課第四係機動警護班隊員である巡査部長・井上薫役を担当しました。特殊能力をもちながら、落ち着きがなかったり、女性に対してだらしがなかったりと、難しいキャラクターをうまく表現した演技がみどころです。

advertisement

来る

 「来る」は、澤村伊智さんによる日本のホラー小説『ぼぎわんが、来る』を原作にした映画作品です。会社員である田原秀樹の身にさまざまな怪奇現象が起こり、原因を究明するため、オカルトライターの野崎和浩に白羽の矢が立つという内容です。

 2018年に公開され、興行収入は9億円。野崎和浩を岡田さんが、田原秀樹を妻夫木聡さんがそれぞれ演じました。何度も「あれ」が迫り来るなかでの鬼気迫る迫真の演技は必見です。

映画『来る』公式Twitterより引用
advertisement

まとめ

 選択肢には、これまで岡田さんが主演を務めた計20本の作品およびシリーズをリストアップしました。岡田さんは2021年10月公開予定の「燃えよ剣」でも、土方歳三役で主演を務めています。ぜひこの機会に、たくさんの方の投票をお待ちしています!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.