メディア

【東宝シンデレラ】人気No.1を決めよう! あなたが一番好きなグランプリ受賞者は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1984年の第1回以降、不定期で開催されている「東宝シンデレラ」オーディションは、これまでに沢口靖子さん、長澤まさみさん、上白石萌歌さんら、数多くの名女優がグランプリを受賞してきました。また斉藤由貴さんをはじめ、水野真紀さん、上白石萌音さん、浜辺美波さんもファイナリストや審査員特別賞などに名を連ねています。

 今回は、そんな「東宝シンデレラ」でグランプリに輝いた歴代受賞者の人気投票を実施します。あなたの一番好きなシンデレラを教えてください! まずは8名の受賞者を紹介します。

advertisement

沢口靖子

 1984年の第1回でグランプリを獲得。この時は、審査員特別賞が藤代宮奈子さん、ファイナリストは斉藤由貴さんらでした。

 受賞後は「刑事物語」や「ゴジラシリーズ」など、東宝の看板作品に出演。その後もNHKの連続テレビ小説「澪つくし」や「はね駒」、大河ドラマの「秀吉」など、多くの作品で人気を集めました。

 近年も映画化が決定した木曜ミステリー「科捜研の女」で主演を務めるなど、第一線で活躍しています。1988年から出演していたヤマザキナビスコ(現・ヤマザキビスケット)の「リッツ」や、2016年から販売されている「ルヴァン」の現在のCMでも有名ですね。

advertisement

小高恵美

 1987年の第2回オーディションでグランプリを獲得。デビュー作となった映画「竹取物語」で、第11回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞するなど、早くから注目を集め、80年代後半から90年代にかけてテレビドラマを中心に、数多くの作品に出演。「平成ゴジラシリーズ」の顔としても知られました。

 その他にも、ドラマ「家政婦は見た!」「古畑任三郎」や、舞台「魔女の宅急便」など、幅広いステージで活躍しました。

advertisement

今村恵子

 1991年の第3回でグランプリを獲得。映画「ゴジラvsモスラ」や、土曜ワイド劇場「鉄道捜査官シリーズ」などをはじめ、時代劇やミステリー、ホームドラマなどジャンルを問わず幅広く活躍しました。「ゴジラvsモスラ」のコスモス役では、第16回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞するなど、その演技力は高く評価されていました。

 声優としても活動しており、アニメ「H2」や「花より男子」に出演。韓流ドラマの吹き替えなども行っていました。

advertisement

野波麻帆

 1996年の第4回でグランプリを受賞。「モスラ2 海底の大決戦」などに出演しました。デビュー間もない1998年に出演し、大ヒットした映画「愛を乞うひと」では、日本アカデミー賞の助演女優賞(優秀賞)と新人俳優賞を受賞。その知名度を一気に高めました。2021年現在も、映画やドラマ、舞台などで精力的に活動しています。

advertisement

長澤まさみ

 2000年に開催された第5回のオーディションに出場。当時、史上最年少の12歳でグランプリを獲得しました。

 デビュー間もない2003年に、映画「ロボコン」で初主演。日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞するなど、早くから注目を集めました。翌年には、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」が大ヒット。その後も「功名が辻」や「キングダム」など数々の名作に出演。演技力の高さを生かして、幅広い役柄を演じています。

advertisement

黒瀬真奈美

 2006年の第6回でグランプリを獲得。この時は、審査員特別賞に池澤あやかさんと増元裕子さん、ファイナリストに朝倉あきさん、戸松遥さんがいました。

 受賞後は、長澤まさみさん主演の映画「ラフ ROUGH」や、テレビドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」などに出演。ドラマ「太陽と海の教室」では織田裕二さん、北川景子さん、小日向文世さんら名優たちと共演しました。

 2010年に芸能活動の休止を発表。活動期間は短かったですが、ファンに大きな印象を残しました。

advertisement

上白石萌歌

 2011年のオーディションに出場し、史上最年少の10歳でグランプリを獲得。この時の審査員特別賞は、姉の上白石萌音さん、秋月成美さん、山崎紘菜さん。またニュージェネレーション賞には、浜辺美波さんらがいました。

 演技力に定評があり、姉妹の共演で話題を呼んだ映画「羊と鋼の森」では、第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。声優として参加したアニメーション映画「未来のミライ」も、同賞のアニメーション作品賞を受賞するなど、高い評価を得ました。

 その他にも「ハルチカ」や「いだてん〜東京オリムピック噺〜」、ヒロインを演じた「僕はどこから」や「天使にリクエストを〜人生最後の願い〜」など、多くの作品で活躍しています。

advertisement

福本莉子

 2016年の第8回でグランプリを受賞。この時は、井上音生さんらが審査員特別賞、XAIさんが初代アーティスト賞に輝きました。

 受賞後は、ミュージカル「魔女の宅急便」や、グランプリの先輩である長澤まさみさん主演のドラマ「コンフィデンスマンJP」、その他に「パパがも一度恋をした」「映像研には手を出すな!」などに出演。2020年には、映画「思い、思われ、ふり、ふられ」で主演を務め、2021年夏公開予定の映画「しあわせのマスカット」は、初の単独主演作として期待を集めています。

 また受賞直後からCM出演も多く、JR東日本グループのCM「旅と暮らしを新しいカタチに。」では、美しい歌声も披露しています。

 ここまで歴代グランプリ受賞者を紹介してきました。皆さん、記憶に残る作品を作り上げてきた女優ばかりです。この中から、もっとも印象に残るシンデレラを選んでください。投票理由や女優へのメッセージなどもお待ちしております! それでは投票、よろしくお願いします。

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.