メディア

【40代が選ぶ】「好きなジブリ作品」ランキングTOP10! 1位は「となりのトトロ」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」など、数々の大ヒット作を世に生み出してきたスタジオジブリ。一度はそのアニメ作品を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。そんなスタジオジブリの作品の中で、特に人気なのはいったいどの作品なのでしょうか?

 今回は「LINEリサーチ」の調査メディア「リサーチノート」のスマートフォンWeb調査のデータをもとに「【40代が選ぶ】「好きなジブリ作品」ランキングTOP10」をお送りします。

 (出典元:好きなスタジオジブリの映画作品TOP2は、「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」 |LINEリサーチ 公式ブログ)

advertisement

第2位:天空の城ラピュタ(投票率47.8%)

出典:Amazon.co.jp

 第2位は「天空の城ラピュタ」でした。

 「天空の城ラピュタ」は宮崎駿さんが監督・脚本・原作を務めるアニメーション映画。監督自身が小学生時代から温めていた架空の作品が骨子となっているそうです。シータとパズーが出会い、ともに冒険するという王道な内容に加え、ムスカ大佐やドーラといった魅力的なキャラクター、おいしそうな目玉焼きとトースト、主題歌の「君をのせて」など、公開当時(1986年)に子ども時代を過ごした40代の人にとっては、印象深い作品となっているのではないでしょうか?

advertisement

第1位:となりのトトロ(投票率52.8%)

出典:Amazon.co.jp

 第1位は「となりのトトロ」でした。

 「となりのトトロ」は宮崎駿さんが監督・脚本・原作をつとめるアニメーション映画。サツキとメイが引っ越した先の農村でトトロやネコバスなどの不思議な存在に出会い、交流する姿を描いた作品です。作品のキャッチコピーは「このへんないきものは、まだ日本にいるのです。たぶん。」。

 日本では1988年4月16日に公開され、高畑勲監督の「火垂るの墓」とともに上映されました。スタジオジブリのロゴマークもトトロがモチーフとなっているなど、まさにジブリを代表する作品です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.