メディア

【フジテレビ】2010年以降の「木曜劇場」のドラマ人気ランキングTOP47! 1位は「ラスト♡シンデレラ」【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、11月10日から11月17日までの間、「【フジテレビ】2010年以降の『木曜劇場』で一番好きなドラマは?」というアンケートを実施していました。

 毎週木曜日22時からフジテレビで放送されている「木曜劇場」。月9に並ぶ、フジテレビを代表するドラマ枠です。1984年にスタートして以降、王道ラブストーリーから社会派作品まで、さまざまなジャンルの作品を生み出してきました。

 今回の投票では47作品を選択肢に用意したところ、6100票もの投票をいただきました。ありがとうございます。それでは、上位を解説していきます。

advertisement

第2位:独身貴族

独身貴族 Blu-ray BOX
出典:Amazon.co.jp

 第2位は「独身貴族」。得票数は918票と、全体の15%の票を獲得しました。

 2013年に放送された「独身貴族」は、独身・離婚・結婚をテーマにしたラブコメディです。映画制作のプロフェッショナルとして優れた才能を持ち、独身生活に満足している主人公の星野守を草彅剛さんが、離婚調停中である守の弟・星野進を伊藤英明さんが好演しました。

 星野兄弟の前に、北川景子さん演じるヒロイン・春野ゆきが現れることで、それぞれの価値観や人生観が変化していきます。コメント欄では「細部にまでこだわりが光り、好きなシーンばかりです」「主役の星野守さんの部屋のインテリアがまさに独身貴族という雰囲気で素敵でした。おしゃれな革靴も印象に残っています」などの声があがっており、多くの人が「独身貴族」の世界に引き込まれた名作です。

advertisement

第1位:ラスト♡シンデレラ

出典:Amazon.co.jp

 第1位は「ラスト♡シンデレラ」でした。得票数は2286票と、全体の37.5%の票を獲得して第1位となりました。

 2013年に放送された「ラスト♡シンデレラ」は、人生の分岐点を迎えた登場人物たちの恋愛模様をリアルに描いたラブコメディです。篠原涼子さん演じるヒロイン遠山桜子は、敏腕の美容師として活躍する一方で、地味な私生活を送るアラフォー女性です。

 ひょんなことから、藤木直人さん演じるイケメン美容師・立花凛太郎や、三浦春馬さん演じる大手企業の御曹司・佐伯広斗から好意を抱かれるようになり、恋の三角関係を繰り広げます。

 胸キュン要素が随所に盛り込まれていたことから、「毎回ドキドキさせられました! こちらまで恋をしているような気持ちになりました」「何度観ても、面白くてキュンキュンするラブコメディの傑作」などのコメントが集まりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング