メディア

「北海道の住み続けたい街」ランキングTOP30! 第1位は「札幌市中央区」【2022年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大東建託は、北海道に住む20歳以上の男女2万4587人を対象に居住満足度調査を実施し、その結果を「いい部屋ネット 住み続けたい街 自治体ランキング<北海道版>」として発表しました。

 北海道に住んでいる人たちから、最も「住み続けたい」と人気を集めている街(自治体)はどこだったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう! なお、今回のランキングは回答者50人以上の自治体が対象で、2020年~2022年の回答を累積して集計を行っています。

(出典元:いい部屋ネット「住み続けたい街 自治体ランキング<北海道版>」

advertisement

第2位:札幌市厚別区

画像:写真AC

 第2位は「札幌市厚別区」です。札幌市の東部に位置し、市内で一番面積が小さい区となっています。

 厚別区は「札幌の副都心」として開発が進み、JR新札幌駅・市営地下鉄新さっぽろ駅を中心として商業施設やオフィスなどが立ち並んでいます。飲食店やスーパーも多く、食事や買い物には困りません。また区内を循環バスが運行しているので移動もスムーズに行えます。

 駅周辺を離れると閑静な住宅街が広がり、「野幌森林公園」や「青葉中央公園」などの自然環境にも恵まれ、都市と自然のバランスが良い街といえそうです。

advertisement

第1位:札幌市中央区

画像:写真AC

 第1位は「札幌市中央区」となりました。札幌市の中心部に位置している区で、北海道庁舎や札幌市役所など主要な行政機関があることで知られています。市の中心として計画的に街づくりが進められ、碁盤の目状に区画整理された街路が特徴です。

 また「駅前通地下歩行空間」が開通したことで、札幌駅周辺と大通周辺が地下道でつながり、冬でも快適に移動できるようになりました。「札幌丸井三越」や「大丸札幌店」などの商業施設も充実していて、買い物に便利なエリアとして人気です。「札幌市時計台」や、その近くの大通公園で行われる「さっぽろ雪まつり」は、観光スポットとしても有名ですよね。

 交通の便としては、JR函館本線・学園都市線、市営地下鉄南北線・東豊線など複数路線を利用できるので、北海道内のどこに行くにも便利な街となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.