メディア

「年金制度が優れている国」ランキングTOP30! 1位は「アイスランド」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 米・マーサーとCFA協会が発表している「グローバル年金指数ランキング」は、各国の年金制度に関して、十分性、持続性、健全性のサブインデックスの加重平均によってスコア(指数)を算出し、それをランキングにしたものです。

 今回はその2022年度版となる「マーサー CFA協会 グローバル年金指数ランキング(2022年度)」から上位30カ国を紹介します! なお日本は35位でした。

(出典:マーサージャパン「マーサー『グローバル年金指数ランキング』(2022年度)を発表 確定拠出年金制度における主要な課題が浮き彫りに」

advertisement

第2位:オランダ(84.6)

画像:Pixabay

 第2位は「オランダ」でした。

 「オランダ」は西ヨーロッパに位置する国で、憲法上の首都は「アムステルダム」。干拓により国土を拡大してきた歴史を有するオランダは、ベルギー、ルクセンブルクと共にベネルクスを構成しており、「寛容の国」というキーワードで同国を知っている人も多いのではないでしょうか?

 オランダの年金制度は、その健全性においては1位の国よりも高い87.8をマークしており、年金の基金が潤沢であることでも知られています。

advertisement

第1位:アイスランド(84.7)

画像:Pixabay

 第1位は「アイスランド」でした。

 「アイスランド」は北ヨーロッパに属する島国であり、首都は「レイキャビク」です。アイスランドに限らず、今回のランキングにおいて北ヨーロッパ諸国はすべて上位に位置しており、それぞれデンマーク3位、フィンランド5位、ノルウェー7位、スウェーデン8位となっています。

 サブインデックスのうち、アイスランドは「十分性」(85.8)と「持続性」(83.8)の2つの分野においてトップを飾っており、その総指数は84.7となっています。なお「健全性」において1位となったのはフィンランドで、そのスコアは93.3でした。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.