メディア

「首都圏の住み続けたい自治体」ランキングTOP10! 第1位は「東京都武蔵野市」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルートは、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している人を対象に「SUUMO住民実感調査2022 首都圏版」を実施。その結果を発表しました。

 街の継続居住意向を明らかにし、その街の 魅力を把握することを目的とした今回の調査。首都圏に住んでいる人たちから、最も「住み続けたい」と人気を集めている自治体はどこなのでしょうか? さっそくランキングを見てみましょう!

(出典元:「SUUMO住民実感調査2022 首都圏版」2022年住み続けたい街(自治体/駅)ランキング

advertisement

第2位:東京都目黒区

画像:写真AC

 第2位は「東京都目黒区」でした。おしゃれな飲食店やカフェが多く、有名ラーメン店から高級フレンチまでさまざまなグルメを満喫することが可能。また港区・渋谷区・世田谷区に隣接し、都心部へ移動しやすいことも人気の理由のひとつです。

 駒場東大前駅や学芸大学駅の周辺は住宅地も広がり、下町情緒を感じられる、どこか懐かしい雰囲気の商店街で買い物を楽しめます。

advertisement

第1位:東京都武蔵野市

画像:写真AC

 第1位は「東京都武蔵野市」でした。JR中央線の吉祥寺駅・三鷹駅・武蔵境駅を中心としたエリアです。渋谷や新宿へのアクセスが良く、駅周辺には商業施設も多く利便性に優れています。

 特に吉祥寺駅の周辺は人気のエリア。駅の北口側に広がる「ハーモニカ横丁」は、飲食店や居酒屋が並ぶ活気あるスポットとしてメディアなどでたびたび名前があがります。駅から少し離れると閑静な住宅街が広がり、三鷹市まで広がる井の頭恩賜公園など自然が豊かなスポットも多く見られ、利便性と自然環境の両方がそろっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.