メディア

【旅行】秋に行きたい都道府県ランキング! 1位は「茨城県」【2022年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 残暑が落ち着き、過ごしやすい季節の秋。紅葉や旬の食べ物、美しい虫の音色など、風情があるシーズンですよね。日本各地のレジャースポットでも、実りの秋を満喫できる観光プランがたくさん登場しています。日々の疲れを癒すのにピッタリな時期ともいえるでしょう。

 そこでねとらぼ調査隊では、2022年9月19日から9月26日にかけて「秋に行きたい都道府県はどこ?」というアンケートを実施しました。

 アンケートでは計589票の投票をいただきました。ご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:京都府

画像:写真AC

 第2位になったのは、47票を獲得した「京都府」でした。世界中から観光客が訪れる日本の古都であり、歴史深い神社仏閣などと鮮やかな紅葉がもたらす、美しい景観が魅力的な地です。

 紅葉の名所として広く知られているのが、『古今和歌集』にも登場する左京区の「永観堂禅林寺」。平安時代から親しまれている紅葉スポットのひとつで、幻想的な紅葉のグラデーションを楽しむことができます。

 そのほか、同じ左京区にある「圓光寺」や、トロッコでゆったりと渓谷美を堪能できる「嵯峨野トロッコ列車」なども紅葉スポットとして人気があります。時間があったらゆっくり散策したい観光地が満載ですよね!

advertisement

第1位:茨城県

画像:写真AC

 第1位になったのは、83票を獲得した「茨城県」でした。ダントツともとれる票数は、首都圏からのアクセスのよさや、自然を身近に感じられるレジャースポットが多いことが理由なのかもしれませんね。

 太平洋を望む海岸線、日本百名山にも選ばれた「筑波山」、高萩市にある紅葉の名所「花貫渓谷」など、時間を忘れて楽しみたい自然がたくさんあります。

 特に人気を集めているのは、ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園」。季節ごとに、さまざまな草花が咲き誇る観光地です。秋には約3万本以上もの真っ赤なコキアが、広大な丘を色づかせます。一度は生で見てみたい、フォトスポットです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング