メディア

【仮面ライダー】2010年代の変身ベルト人気ランキングTOP36! 第1位は「オーズドライバー」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、9月11日から9月17日までの間、「【仮面ライダー】『2010年代の仮面ライダーシリーズ』で一番好きな『変身ベルト』はなに?」というアンケートを実施していました。

 1970年代から放送されている特撮テレビドラマシリーズ「仮面ライダー」。時代の流れに伴ってテーマと演出を変えることによって、幅広い年代を魅了してきました。作品のキーアイテムに位置付けられている「変身ベルト」は、趣向をこらしたギミックが搭載されているため、見どころの1つとなっています。

 今回の投票では、2010年代の作品に登場した主な変身ベルト38種類を選択肢に用意したところ、565票もの投票をいただきました。ありがとうございます。では、ランキングを紹介していきます。

advertisement

第2位:ビルドドライバー(仮面ライダービルド)

出典:Amazon.co.jp

 ​​第2位は「ビルドドライバー」。得票数は53票と、全体の9.4%の票を獲得しました。

 「ビルドドライバー」は、「仮面ライダービルド」に登場する変身ベルトです。科学者の葛城巧が地球外生命体エボルトを倒すために開発しました。2個のボトル型アイテムを激しく振って装填した後、レバーを回転することで仮面ライダービルドに変身できます。ボトル型アイテムは、特殊な物質が入っているため、刺激を与えて成分を活性化させることが大切。組み合わせによっては、過去の仮面ライダーと同等の能力を再現できます。

 今回のアンケートでは、「2個のボトルを振ってセットする変身シーンは、かっこいい」とコメントをいただきました。

advertisement

第1位:オーズドライバー(仮面ライダーオーズ/OOO)

出典:Amazon.co.jp
出典:Amazon.co.jp

 第1位は「オーズドライバー」。得票数は174票と、全体の30.8%の票を獲得しました。

 ダントツの第1位になった「オーズドライバー」は、「仮面ライダーオーズ/OOO」の変身ベルト。ふだんは「オーカテドラル」というバックルのみの形状ですが、腰に当てて3枚のメダルを装填すると、変身ベルトとしての機能が発動します。装填するメダルの組み合わせ次第で、仮面ライダーオーズの頭部・腕・脚部が変化するシステムが最大の特徴。けたはずれの能力を発揮するコンボ状態に突入した場合には、ノリノリの音声が流れます。

 「仮面ライダーオーズ/OOO」放送当時、メダルが発売されるたび家電量販店や玩具店に大勢の人が押し寄せていたため、今回のアンケートでは「玩具のメダル争奪戦が凄かったな」とコメントが書き込まれていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング