メディア

明治時代、どうして全国民に「苗字」が必要になったの? 詳しく解説

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。テーマは「名字(苗字)」です。

advertisement

解説

 9月19日は「苗字の日」です。1870年(明治3年)9月19日、すべての国民が苗字を持つことを許されました。背景には、明治になって政府が平等な社会の実現を目指したことと、戸籍を整理する際に苗字が必要だったという理由があります。

 しかし当時、苗字を持つことを許されても、役場に届出を出す人は少なかったそうです。一説には、「苗字を持つと税金を多く取られるのではないか」と警戒されていたためだとか。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

 すべての国民に苗字を浸透させたかった政府は、1875年2月13日に、苗字を持つことを義務とする法令を出します。「許可」だったものが「義務」となり、守らないわけにはいかなくなりました。

 とは言え、苗字がない人は新たに考えなければならず、お寺のお坊さんに頼んで名付けてもらったりしたそうです。他にも、役場の職員が総出で全世帯の苗字を考えたという記録も残っています。

 ちなみに2月13日は、「苗字制定記念日」と言われています。

advertisement

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい
毎週月曜〜金曜 7:37 – 7:42番組HP
晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング