メディア

【東海の高校生が選んだ】「明るいと思う大学」ランキングTOP10! 第1位は「早稲田大学」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルート進学総研は、高校生の大学選び動向を明らかにするため「進学ブランド力調査」を実施し、調査結果を発表しました。 全国には多くの大学がある中で、受験生たちからはどのような評価を受けているのか気になるところです。

 本記事では東海エリアの高校生に大学のイメージを聞いたうち、「明るい」のイメージ項目が高かった大学をランキング化し紹介します。

(出典元:リクルート進学総研「進学ブランド力調査2022」)

advertisement

第2位:青山学院大学

画像:写真AC

 第2位は「青山学院大学」です。

 青山学院大学は、アメリカからやってきた宣教師によって創設された3つの学校を源流として、1949年に新制大学として開設されました。「青学」の略称で親しまれており、近年では箱根駅伝の強豪校としても知られています。

 日本でも指折りのファッションタウン「青山・表参道」にキャンパスがあることから、明るく洗練されているというイメージを持つ高校生も多いのではないでしょうか。また、箱根駅伝で活躍している陸上競技部のパワフルな走りや抜群のチームワークも、大学の持つ明るく活発なイメージに拍車をかけているのかもしれませんね。

advertisement

第1位:早稲田大学

画像:写真AC

 

 第1位は「早稲田大学」です。

 早稲田大学は1882年に創設された「東京専門学校」を前身とする大学で、創立者は内閣総理大臣などを務めた明治時代を代表する政治家の大隈重信。これまでに60万人以上の卒業生を輩出してきたマンモス大学として知られています。

 学生の数が多く、キャンパスには常に活気があります。勉強以外にもサークル活動や学校行事などがさかんでキャンパスライフが充実しているというイメージから、高校生に「明るい」と支持されているのかもしれませんね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.