メディア

【横浜市営地下鉄グリーンライン】乗降人員の多い駅ランキング! 1位は「日吉駅」【2021年度1日平均】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 横浜市緑区の「中山駅」から港北区の「日吉駅」までの全10駅を結ぶ「横浜市営地下鉄グリーンライン」。2008年に開業して以来、コロナ禍前までは利用者数が毎年増加傾向にありました。

 今回は横浜市が公開している「統計情報」を元に、「横浜市営地下鉄グリーンライン」における乗降人員の多い駅TOP10を紹介します! 早速、上位の駅から見ていきましょう。

(出典:横浜市統計書

advertisement

第2位:センター北駅(3万2762人)

画像:写真AC

 第2位は港北ニュータウンの北部に位置する「センター北駅」で、1日平均乗降人員は3万2762人でした。

 グリーンラインとブルーラインが乗り入れている駅で、通称「セン北」と呼ばれています。吹き抜けのあるゲートやガラス窓を多用した近代的なデザインが特徴的。徒歩圏内には「モザイクモール港北」「ノースポート・モール」などの商業施設が集まっており、買い物にも便利な駅です。

advertisement

第1位:日吉駅(6万3003人)

 第1位は港北区にある「日吉駅」で、1日平均乗降人員は6万3003人でした。

 グリーンラインの他に、東急東横線、東急目黒線の乗り入れ駅となっています。駅の東側には「慶應義塾大学日吉キャンパス」があり、西側には飲食店などの商業施設が集まっています。横浜駅まで約12分、渋谷駅まで約22分とアクセスが良いのも魅力です。2023年3月に開業予定の東急新横浜線の停車駅にもなる予定で、今後さらなる利用者の増加が見込まれます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング