メディア

「オフロードバイク」人気車種ランキングTOP10! 1位は「CT125ハンターカブ(ホンダ)」【2022年8月版/グーバイク調べ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本最大級のバイク情報サイト「グーバイク」は、全国の新車・中古のバイク情報を掲載しており、メーカー、排気量、走行距離、値段など、さまざまな条件でバイクを検索可能。自分にピッタリのバイクを探せると、多くのユーザーに支持されています。

 今回はそんなグーバイクの協力のもと、「オフロードのおすすめ人気バイク」ランキングを紹介します。なおランキングは、2022年8月の各車両の閲覧数に基づき、グーバイクが独自に分類・作成しています。

(出典:グーバイク「オフロードのおすすめ人気バイクランキング」

・当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。
・引用されているツイートは、グーバイクとは一切関係がありません。

advertisement

第2位:FTR223(ホンダ)

 第2位は「FTR223(ホンダ)」でした。「FTR」は本田技研工業が手掛けていたオートバイで、2000年9月に発売されたモデルです。「軽量・コンパクトで扱いやすいこと」をコンセプトに、空冷・4ストローク・OHC単気筒・223ccを採用しており、フラットトラッカーの走破性をストリートに取り入れた乗りこなしやすさが高い人気を誇っています。

 1986年にフラットトラッカースタイルの「FTR250」が発売されており、1989年までに生産中止となったものの、そのDNAはFTR(FTR223)に引き継がれることになりました。

advertisement

第1位:CT125ハンターカブ(ホンダ)

 第1位は「CT125ハンターカブ(ホンダ)」でした。「CT125ハンターカブ」は2020年発売のモデル。「CT110」の機能的なスタイルを継承しつつ、CTの新しい形を目指した一台です。

 仕様は、リラックスした姿勢での走りを実現するアップハンドルのほか、ホコリなどの吸入を低減するハイマウント吸気ダクト、エンジンはアンダーガードを装備し、飛び石などによる損傷を低減するようにできています。

 可倒式のピリオンステップが標準装備されており、2人乗りにも対応。灯火器はすべてLED仕様となっています。シート下に格納されたフューエルタンクは5.3Lの容量で、長距離でも安心です。カラーは「グローイングレッド」「マットフレスコブラウン」「パールオーガニックグリーン」の3種類が用意されています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング