メディア

演技がうまいと思う「K-POP男性アイドル」ランキングTOP25! 1位は「ユチョン(JYJ)」【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 歌やダンスだけにとどまらず、映画やテレビドラマで完璧な演技を披露するK-POPアイドル、“演技ドル”。演技する姿を先に観て、あとからアイドルであったと知り驚いた経験のある人も多いのではないでしょうか。ステージ上の姿とのギャップも魅力ですよね。

 ねとらぼ調査隊では2022年8月28日から9月4日までの間、「演技がうまいと思うK-POP男性アイドルは?」というテーマでアンケートを実施しました。なお、現在はアイドルをしていなくても、過去にアイドルであった人も対象としています。

 アンケートでは計3783票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それではランキング上位の結果を見てみましょう。

advertisement

第2位:ジュノ(2PM)

 第2位は「ジュノ」さんです。2008年に「2PM」のメンバーとしてデビューしたジュノさん。「監視者たち」(2013年)、「キム課長とソ理事〜Bravo! Your Life〜」(2017年)、「油っこいロマンス」(2018年)など、主役から助演まで幅広くこなせるマルチプレイヤーとして知られています。

 色白で切長の涼しげな目元を持つせいか、どこか儚く影のある雰囲気を漂わせるジュノさん。その佇まいが特に活かされた作品が「ただ愛する仲」(2017年)です。事故で心に深い傷を負った青年・ガンドゥとして、底知れぬ孤独を耐え抜く姿を繊細に演じました。鋭い目で冷笑を浮かべる表情から、ヒロインに出会ったことで徐々にやわらかな表情に変わっていく姿に心を掴まれます。コメント欄にも、「普段ドラマを観て涙することない私が『ただ愛する仲』の涙の演技を観て初めてもらい泣きした」との声が寄せられました。

 またジュノさんといえば、兵役除隊後の復帰作にして大ヒット作となった「赤い袖先」(2021年)ですよね。最終回では17.4%の高視聴率を記録、「2021 MBC演技大賞」では驚異の8冠を受賞した作品です。ジュノさんは、王としての孤独を抱えつつ、宮女ドクイムへの抑えられない感情にもがく名君イ・サンを熱演。王の放つ威厳や妖艶さに引き込まれ、涙を流す姿に胸を打たれること間違いなしです。

advertisement

第1位:ユチョン(JYJ)

 第1位は「ユチョン」さんです。2003年から「東方神起」のメンバーとして、その後「JYJ」のメンバーとして活躍したユチョンさん。「トキメキ☆成均館スキャンダル」(2010年)、「屋根部屋のプリンス」(2012年)、「会いたい」(2012年)など、これまで数々の作品に出演してきました。

 演技に初挑戦したドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」(2010年)で演じたのは、気難しくクールな儒学生イ・ソンジュン。堅物ながらも徐々に主人公に惹かれていくキャラクターを、初めてとは思えない落ち着きぶりで完璧に演じ、注目を集めました。

 俳優として確固たる地位を築いたのが、スクリーンデビュー作「海にかかる霧」(2014年)。釜山訛りの素朴な新人船員ドンシクを演じ、青龍映画賞をはじめ新人賞を総なめにしました。漁船が密航を引き受けてしまったことから波乱に巻き込まれ、徐々に狂気的な雰囲気に包まれる船内で、ひとり孤独に闘う役どころ。「JYJのユチョン」ということを全く意識させない、深みのある演技を見せてくれました。ラストの表情には心を揺さぶられますよね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「芸能人」のアクセスランキング