メディア

【ジョジョの奇妙な冒険】第3部のスタンド人気ランキング! 1位は「スタープラチナ」に決定!【2020最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 宿敵との熱い激闘などバトル作品の王道を押さえつつ、独特の演出や作画で多くのファンを抱える人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』。その第3部「スターダストクルセイダース」は、今に至るまで作品の大きな魅力となっている設定「スタンド」が初めて登場した記念碑的なシリーズです。

 スタンド(幽波紋)は作中のキャラクターが使う超能力のようなものですが、それぞれに意思があるかのような具体的なキャラクター像を与えられたものが多いのも大きな特徴。いずれも独特の個性を持つ魅力的な存在です。

  今回、ねとらぼ調査隊では「あなたが好きなジョジョの奇妙な冒険(第3部)のスタンドはどれ?」と題して、2020年11月25日から12月24日までスタンドの人気投票を実施しました。

 得票総数は3940票と、たくさんの人に投票いただきました。ありがとうございました! それではアンケート結果を見ていきましょう!

画像は「TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」公式Webサイトより引用

第10位:ハーミットパープル

 第10位に入ったのは、第2部「戦闘潮流」の主人公、ジョセフ・ジョースターのスタンド「ハーミットパープル」。得票数は93票(全体の2.3%)でした。

 茨のような見た目のスタンドで、念写や念聴による情報収集などサポート面に優れています。攻撃性能は低いですが、歴戦の経験と知恵、そして波紋も駆使して立ち回る渋い戦いは、ジョセフならではですよね。

advertisement

第9位:クリーム

 第9位には、DIOの側近であるヴァニラ・アイスのスタンド「クリーム」がランクイン。得票数は98票(全体の2.5%)でした。

 口の中に暗黒空間を持ち、吸い込んだものを粉々に打ち砕く恐るべき力を持っています。防御不可能であり、また自らを暗黒空間に取り込めば無敵になれるという凶悪さから、作中最強のスタンドとの呼び声も高い能力です。

advertisement

第8位:マジシャンズレッド

 第8位は、99票(全体の2.5%)を獲得した「マジシャンズレッド」が入りました。モハメド・アヴドゥルのスタンドで、屈強な男性の体に猛禽類の頭部が合わさった姿をしています。戦闘能力に優れており、身にまとった炎は鉄も一瞬で溶かすほど。また格闘戦も得意で、遠近どちらでも戦えるうえ、炎の探知機による生命探知も可能と、とても優秀なスタンドです。

advertisement

第7位:デス・サーティーン

 第7位にランクインしたのは、独特の口癖「ラリホ~~~~」が特徴のマニッシュ・ボーイが操るスタンド「デス・サーティーン」。得票数は129票(全体の3.3%)でした。死神を思わせる装束に身を包んだピエロのような姿で、その手に巨大な鎌を持っています。

 能力は相手を悪夢の世界に引きずりこむというもの。対象が眠っていないと発動できませんが、ひとたび夢の世界に入った相手は、現実世界であらかじめスタンドを発動していないと対抗できない、かなり凶悪なスタンドです。

advertisement

第6位:エンペラー

 第6位には、西部のガンマンを思わせるルックスが特徴のDIOの配下、ホル・ホースが操るスタンド「エンペラー」がランクイン。得票数は164票(全体の4.2%)でした。

 見た目はリボルバーのような拳銃。リロードせずに連射でき、銃弾が放たれた後も軌道を変更可能と性能に優れていますが、近距離でないと威力が落ちる、銃弾は視界にないと制御できないという弱点も。

advertisement

第5位:ザ・フール

 第5位は、イギーのスタンド「ザ・フール」がランクイン。得票数は197票(全体の5.0%)でした。本体のイギー同様、犬のような姿をしていますが、後ろ足が車輪になっています。

 ザ・フールは砂を操るスタンドで、その体も砂でできています。そのため物理攻撃に強く、また自在に姿を変えられるため、本物そっくりの身代わりを立てたり、空を飛んだりすることも可能。状況に応じて臨機応変に活躍し、承太郎たちの旅路をサポートしてくれます。

advertisement

第4位:シルバーチャリオッツ

 第4位には、569票(全体の14.4%)を獲得したシルバーチャリオッツがランクイン。銀色の甲冑に身を包んだ騎士を思わせるポルナレフのスタンドです。

 特徴は、優れた剣の腕と精密動作性、そして高い機動力。特に甲冑を脱いだ時の機動力は、承太郎のスタープラチナにも匹敵するほど。何かを操るといった特別な能力はありませんが、機動力を生かした純粋な物理攻撃というシンプルな戦い方はポルナレフのキャラクター性とも相まって、とてもシビれますね。

advertisement

第3位:ザ・ワールド

 第3位に入ったのは、DIOのスタンド「ザ・ワールド」。得票数は590票(全体の15.0%)でした。仮面をつけた屈強な体を持つ人型のスタンドで、圧倒的なパワーとスピード、そして近距離パワー型では他に類を見ない10mという射程を誇ります。

 しかし、なにより凶悪なのが、時を止めるという能力。その特性から作中最強のスタンドに推すファンも多いでしょう。コメント欄でも「やっぱり時停めは魅力的でしょ!」「シンプルにかっこいい!」といった声が聞かれました。

advertisement

第2位:ハイエロファントグリーン

 第2位には、花京院典明の「ハイエロファントグリーン」がランクイン。得票数は656票(全体の16.6%)でした。

 承太郎が「光ったメロン」と言ったように、その全身は網目模様の刻まれた緑色に覆われています。遠距離操作型のスタンドで、その特徴は100mを超える圧倒的な射程距離。花京院の知略も併せて、随所で汎用的な活躍を見せます。DIOのザ・ワールドの正体を見抜いたシーンは、とても印象的でしたね。

advertisement

第1位:スタープラチナ

 見事、第1位に輝いたのは、主人公・承太郎のスタンド「スタープラチナ」でした! 得票数は786票で、全体の19.9%を占めました。

 長髪をひるがえす筋骨隆々な人型のスタンドで、近距離パワー型。射程は2mと短いですが、それを補って余りある圧倒的なパワー、スピード、そして精密動作性を兼ね備えています。DIOとの決戦ではザ・ワールド同様、時を止める力も覚醒するなど、大きな成長も見せました。すべてにおいて突き抜けた、まさに主人公にふさわしいスタンドと言えるでしょう。

advertisement

コメント欄には、好きなスタンドへの熱い思いが続々!

 コメント欄には、イチオシのスタンドに対する熱烈な声がたくさん寄せられました。

 特に反響を集めたのが、花京院のハイエロファントグリーンで、「日常生活で一番使っているところを想像できるなーというところが好き」「最期の力を振り絞ってエメラルドスプラッシュを射ったハイエロファントが涙してるシーンは何度見ても泣く」など、感想が続々。特にDIOとの一戦や花京院との関係が心に残っているファンが多いようです。

 他にも「アヌビス神。承太郎とポルナレフのスピード対決はあそこでしか見られない」「エンペラー。シンプルイズベスト」「ハングドマン。本体はゲス野郎だけど、デザインが好きなのと、ポルナレフ&花京院とのバトルが面白かった」など、たくさんのコメントをいただきました。ありがとうございました!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.