メディア

【2010年代の朝ドラ】「主人公の父親役」人気ランキングTOP20! 1位は「尾美としのり(あまちゃん)」【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1961年から放送されている、「朝ドラ」ことNHKの連続テレビ小説。主人公をはじめ個性豊かな登場人物が活躍する朝ドラでは、主人公の父親もストーリーにおいて欠かせない存在です。

 そこで2022年8月13日から8月19日までの間、ねとらぼ調査隊では「『2010年代の朝ドラ』主人公の父親役で一番好きな人は?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは計458票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:沢村一樹(ひよっこ)

 第2位は、「ひよっこ」の沢村一樹さんです。沢村さんは、有村架純さん演じる主人公・みね子の父親、谷田部実役で出演しました。

 借金返済のために出稼ぎに行ったまま行方不明になっていた実ですが、のちに引ったくりに遭ったことがきっかけで記憶喪失に陥っていたことが明らかになります。記憶を失ったところを菅野美穂さん演じる人気女優・川本世津子に保護され、2年半もの間ともに暮らしていました。

 第17週で家族と再会するまで長い不在期間がありながら、みね子が上京するきっかけになるなど、物語における重要な存在だった実を、沢村さんは魅力的に表現。奥茨城に残してきた家族と暮らすのか、記憶が戻るのかも大きな見どころでしたね。

advertisement

第1位:尾美としのり(あまちゃん)

 第1位は「あまちゃん」の尾美としのりさんでした。尾美さんは、能年玲奈さん(現在はのんさん)演じる主人公・アキの父親、黒川正宗を演じています。

 正宗は個人タクシーの運転手として働いており、仕事で着用しているピンク色のベストが印象的です。小泉今日子さん演じる妻の春子と離婚した後も家族との交流は続いており、アキの芸能活動を春子とともに支えていました。穏やかで気の弱い一面もある正宗は、優しげな風貌の尾美さんによくマッチしており、また物語におけるキーマンとしても大きな存在感を放っていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.