メディア

【関西の高校生が選んだ】「学生生活が楽しめると思う大学」ランキングTOP10! 第1位は「同志社大学」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルート進学総研は、高校生の大学選び動向を明らかにするため「進学ブランド力調査」を実施し、調査結果を発表しました。 全国には多くの大学がある中で、受験生たちからはどのような評価を受けているのか気になるところです。本記事では関西エリアの高校生に大学のイメージを聞いた中で、「学生生活が楽しめる」のイメージ項目が高かった大学をランキング化し紹介します。

(出典:リクルート進学総研「進学ブランド力調査2022」)

advertisement

第2位:立命館大学

画像:立命館大学

 第2位は「立命館大学」。1869年に西園寺公望が私塾「立命館」を創始し、1900年に西園寺の秘書であった中川小十郎が「私立京都法政学校」を創立したのが、立命館大学の始まりです。

 大学では、学生生活全体を通じて成長することを目指す「学びの立命館モデル」を教育方針として掲げており、「知性を身に付け、境界を超え、ともに学ぶ」ことを重視した取り組みを行っています。学部やキャンパスの壁を越え、また仲間同士や先輩とともに学べる環境があり、充実した学生生活を送れる仕組みが整っています。

advertisement

第1位:同志社大学

画像:PIXTA

 第1位は「同志社大学」でした。同志社大学は、幕末に海外へと渡った新島襄が、帰国後キリスト教の教えに基づき、学問の探求とともに国際感覚豊かな人物を育成することを目指して設立した大学です。関西の私大においては、最難関大学のひとつにも数えられています。

 大学の中心となるエリアは、「今出川校地」と「京田辺校地」の2つ。4つのキャンパスからなる今出川校地は京都市の中心地にあり、歴史的建造物が並ぶ美しい景観が魅力。一方、2つのキャンパスで構成される京田辺校地は京都府南部に位置しており、豊かな自然のなかで研究に集中できる環境が整っています。芸術や文化の街としても知られる京都で過ごす学生生活は、生涯の財産になりそうですね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.