メディア

【東海の高校生が選んだ】「教養が身につくと思う大学」ランキングTOP10! 第1位は「東京大学」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルート進学総研は、高校生の大学選び動向を明らかにするため「進学ブランド力調査」を実施し、調査結果を発表しました。全国には多くの大学がある中で、受験生たちからはどのような評価を受けているのか気になるところです。本記事では東海エリアの高校生に大学のイメージを聞いた中で、「教養が身につく」のイメージ項目が高かった大学をランキング化し紹介します。

(出典:リクルート進学総研「進学ブランド力調査2022」)

advertisement

第2位:名古屋大学

画像:PIXTA

 第2位は名古屋大学でした。自動車産業などの“ものづくり”がさかんな中部地方において、名古屋大学は高い研究力を誇っています。これまで関係者から7人がノーベル賞を受賞しており、2021年には真鍋淑郎元名大特別招へい教授がノーベル物理学賞を受賞したことで話題となりました。

 中でも理学部の卒業生(学士)の進路は大学院進学非常に高く、その研究力の高さがうかがえます。名古屋大学で学んだのち、大学院でさらに専門分野を学ぶことで、より「教養が身に付く」というイメージが強いようですね。

advertisement

第1位:東京大学

画像:PIXTA

 第1位は東京大学です。1877年に創立された日本で最も歴史のある国立大学で、最難関クラスの大学としてよく知られています。

 東京大学の教育方針は、リベラルアーツ教育。前期課程となる2年間は全員が教養学部で学び、広く基礎的な勉強をします。その後、3年生からは後期課程に移り、各々が選んだ専門的な分野を学ぶことで、より実践的な人材育成を行っています。まずはきちんと基本を学んだ後に、本格的に専門分野の勉強に注力するというスタイルが、「教養が身につくと思う」という高校生のイメージにつながっているのかもしれませんね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「大学」のアクセスランキング