メディア

【関西の高校生が選んだ】「おしゃれだと思う大学」ランキングTOP10! 第1位は「同志社大学」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルート進学総研は、高校生の大学選び動向を明らかにするため「進学ブランド力調査」を実施し、調査結果を発表しました。全国には多くの大学がある中で、受験生たちからはどのような評価を受けているのか気になるところです。

 本記事では関西エリアの高校生に大学のイメージを聞いた中で、「おしゃれな」のイメージ項目が高かった大学をランキング化し紹介します。

(出典:リクルート進学総研「進学ブランド力調査2022」)

advertisement

第2位:慶應義塾大学

 第2位は「慶應義塾大学」でした。1858年に福澤諭吉が創設した蘭学塾を起源とする、私立の総合大学です。「実学の精神」を教育や研究に反映させているのが特徴で、さまざまな分野で卒業生が活躍しています。

 日吉・三田・湘南藤沢など、東京と神奈川に6つのキャンパスを擁しており、学生たちはそれぞれ異なる雰囲気のキャンパスを自由に往来しています。三田キャンパスは、赤レンガの「図書館旧館」など重厚感のある歴史的な建造物も多く、アカデミックな雰囲気。また湘南藤沢キャンパスは、最先端の設備と自然が調和した風景が広がっています。

advertisement

第1位:同志社大学

 第1位は「同志社大学」でした。1875年に創設された「同志社英学校」を起源とする、歴史ある私立大学です。中心となるキャンパスは、京都市中心部の「今出川校地」と、京都府南部の「京田辺校地」の2つの校地にあります。

 今出川校地は4つのキャンパスから成り立っており、今出川キャンパスは赤レンガの建築物が立ち並ぶ、美しい景観が魅力。烏丸通を挟んだ対面にある室町キャンパスの「寒梅館」には、おしゃれなカフェレストランやフレンチレストランが入っています。

 また京田辺校地を構成する京田辺キャンパスは、豊かな自然と広大な敷地を有し、理系学部の学びの拠点として最先端の設備を整備。落ち着いた雰囲気のなか、学習や研究に集中できる環境となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.