メディア

【関西の高校生が選んだ】「教育内容のレベルが高いと思う大学」ランキングTOP10! 第1位は「東京大学」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルート進学総研は、高校生の大学選び動向を明らかにするため「進学ブランド力調査」を実施し、調査結果を発表しました。

 本記事では関西エリアの高校生に大学のイメージを聞いた中で、「教育内容のレベルが高い」のイメージ項目が高かった大学をランキング化し紹介します。

advertisement

第2位:京都大学

 第2位は「京都大学」でした。京都市左京区に本部を構える、国立の総合大学。前身は、1897年に創設された「京都帝国大学」です。

 「自由の学風」を基本理念として掲げ、学生が教職員や学生、留学生と関わる中で、自ら学び問題解決に向かう力を養うことを大事にしています。高度な知識や技術を習得し、豊かな教養・人間性をもった人材を育成していて、これまで多様な人材を輩出してきました。

 そのために、教養教育を重視しているのも特徴です。一方、教養・共通教育と並行し、1年次から少しずつ専門教育も行っています。

advertisement

第1位:東京大学

 第1位は「東京大学」でした。1877年に設立された、日本で最初の国立大学です。国内外で活躍できる世界的視野をもった市民的エリートの育成を使命としています。

 本郷キャンパスと駒場キャンパスを中心にさまざまな学部があり、入学後の2年間はリベラル・アーツを基礎として学び、3年次から専門的な知識を習得していきます。

 卒業生にはノーベル賞受賞者や総理大臣経験者もおり、これまで多くの分野で教養と人間性に富んだ人材を送り出してきました。また、大学院に進学し、よりハイレベルな教育を受けて研究に突き進む学生も多い傾向にあります。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.