メディア

2010年代「月9ドラマ」の女性主役キャラ人気ランキングTOP15! 1位は「上村夏実(大切なことはすべて君が教えてくれた)」【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1962年にスタートした、フジテレビ月曜9時のドラマ放送枠、通称「月9」。これまで数々の名作が放送され、今でも思い出す過去の作品がある人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では、数ある月9ドラマのうち「2010年代」「女性主役キャラ」に絞り、「2010年代『月9ドラマ』の女性主役キャラで好きなのは?」というテーマでアンケートを実施しました。

 2022年7月25日から8月1日までの間、アンケートでは計667票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは結果を見てみましょう。

advertisement

第2位:万木(桑原)朝顔(上野樹里)/監察医 朝顔

監察医 朝顔 Blu-ray BOX(メーカー特典なし)"

監察医 朝顔 Blu-ray BOX(メーカー特典なし)

上野樹里
24,810円(10/05 15:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は、2019年の月9ドラマ「監察医 朝顔」の万木(桑原)朝顔でした。上野樹里さんが演じる朝顔は、大学の法医学教室に勤務する法医学者。時任三郎さん演じる、父であり刑事の万木平と協力しながら、毎回起こる事件の謎に挑むストーリーです。

 解剖や捜査によって遺体の謎を解き明かしていく“謎解きもの”がメインであるかと思いきや、朝顔の家族で繰り広げられる人間ドラマも楽しめる作品となっています。母親が東日本大震災により行方不明という悲しみを背負い、それでも「日常」を生きていかなくてはならない朝顔を、上野さんが丁寧に演じています。時に取り乱しながらも、少しずつ母の不在を受け入れ、前に進み出す姿に勇気づけられます。

advertisement

第1位:上村夏実(戸田恵梨香)/大切なことはすべて君が教えてくれた

 第1位は、2011年の月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の上村夏実でした。三浦春馬さん演じる教師・柏木修二が女生徒と関係を持ってしまうという衝撃の展開から幕を開け、“愛”とは何かを誠実に描いた作品です。

 戸田恵梨香さんが演じた修二の恋人・上村夏実は、 修二と同じ高校の教師でもあり、同校の生徒のときからの付き合いで、結婚を間近に控えながら起きてしまった修二の失態に対し、その罪をどう許すのかという大きな問いを突き付けられます。複雑な感情を独りで抱え苦しみながらも、物語が進んでいくにつれ芯が強くなっていく姿に胸を打たれた人も多いのではないでしょうか。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング