メディア

【登山】登ってみたい「3000メートル級の日本の山」ランキングTOP19! 第1位は「槍ヶ岳」【8月11日は山の日】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日8月11日は「山の日」です。国民の祝日として、2014年5月23日に制定され、2016年1月1日から施行となりました。山の日を作る呼びかけがメディアに登場したのは1961年とされており、2010年4月には日本山岳協会や日本山岳ガイド協会など山岳5団体による「山の日」制定協議会が発足。山岳への関心を高め、美しい自然を後世に残すことを目的として、さまざまな人たちの思いとともに「山の日」は作られました。

 そんな「山の日」を記念して、今回は「登ってみたい『3000メートル級の日本の山』ランキング」(2022年4月ねとらぼ調べ・回答数165票)を紹介します。

 投票対象は、登山向けのアプリなどを提供している「YAMAP」に掲載されている3000メートル以上の山、21座です。 憧れの「3000メートル級の山」のうち、登ってみたい山上位となったのは果たして?

advertisement

第2位:北岳

画像:写真AC

 第2位は「北岳」。得票率は14.5%でした。

 北岳は山梨県南アルプス市にある山。富士山に次ぐ日本第2位の標高3193.2メートルを誇ります。高山植物の宝庫として知られており、北岳周辺にしか咲かない「キタダケソウ」の花畑が登山者から人気。『古今和歌集』や『平家物語』にも登場するなど、古くから人々に愛され続けています。

advertisement

第1位:槍ヶ岳

画像:PIXTA

 第1位は「槍ヶ岳」。得票率は17%でした。

 槍ヶ岳は長野県大町市と岐阜県高山市の間に位置する山です。名前のとおり山頂が槍のように尖っているのが特徴で、「日本のマッターホルン」とも呼ばれています。頂上からの眺望は圧巻で、北アルプスの白馬岳や南アルプスの富士山など、周囲の山々を遮るものなく見渡すことができます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.