メディア

【東海の高校生が選んだ】「卒業後に社会で活躍できると思う大学」ランキングTOP10! 第1位は「東京大学」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルートが運営するリクルート進学総研は、高校生の大学選び動向を明らかにするため「進学ブランド力調査」を実施し、調査結果を発表しました。

 全国には多くの大学がある中で、受験生たちからはどんな評価を受けているのか気になるところです。本記事では東海エリアの高校生に大学のイメージを聞いた中で、「卒業後に社会で活躍できる」のイメージ項目が高かった大学をランキング化し紹介します。

(出典元:リクルート進学総研「進学ブランド力調査2022」)

advertisement

第2位:名古屋大学

画像:PIXTA

 第2位は「名古屋大学」です。自動車産業などの“ものづくり”が盛んな中部地方において、名古屋大学は高い研究力を誇っています。これまで関係者から7人がノーベル賞を受賞しており、2021年には真鍋淑郎元名大特別招へい教授がノーベル物理学賞を受賞したことでも話題となりました。高いレベルでの教育が受けられることがよくわかります。

 ちなみに卒業後は、特に理系の大学院進学率が80~90%以上と高く、その研究力の高さがうかがえます。名古屋大学で学んだのち、大学院でさらに専門分野を学ぶことで、社会でより活躍できるというイメージが強いようですね。

advertisement

第1位:東京大学

画像:PIXTA

 第1位は「東京大学」でした。1877年に設立された国立大学で、入学が難しく全国の優秀な学生が集まることで知られています。リベラル・アーツ教育を重視し、入学した学生は全員がまず学生生活の前半である2年間は教養学部に所属。後半の2年間は自身の専門分野を定めていくという教育プロセスで、将来を見据えながらじっくりと勉強できることができます。

 国際水準の研究機関を持ち、高いレベルの教育を受けることが可能。そのため、卒業後も国家公務員や大企業をはじめ、どのようなフィールドでも活躍できるイメージが強いようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.