メディア

「BUMP OF CHICKEN」で歌詞が好きな曲は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「BUMP OF CHICKEN」は藤原基央さん・増川弘明さん・直井由文さん・升秀夫さんという4人の幼なじみが集まったロックバンドです。2000年にメジャーデビューを飾り、楽曲のよさが話題となってあっという間にトップアーティストへと上りつめました。

 作詞作曲を担当する藤原さんが紡ぐ叙情的な歌詞には、文学のような美しさがあり、一度耳にしただけで忘れられなくなる曲も少なくありません。

 そこで今回は「『BUMP OF CHICKEN』の曲で歌詞が好きなのは?」というテーマで人気投票を実施します。歌詞に胸を打たれた曲や、一字一句聞き込みたくなるのはどの曲ですか? まずは候補の中から3曲を紹介します。

advertisement

天体観測

 「天体観測」は2001年にリリースされたシングル曲です。天体観測という刹那の一瞬をとらえるものをテーマに、過ぎ去った日々や今よりも幼かった頃に覚えた感情をイメージさせるフレーズが並んでいます。2002年には、この曲からインスピレーションを得た連続ドラマも制作されました。

 BUMP OF CHICKENのシングル曲ではもっとも多くの枚数を売り上げた曲であり、発売から20年以上が経った今でも代表曲として知られています。YouTubeにアップされているMVが再生回数1億回を突破していることも、多くの人の心を惹きつけていることの証といえるのではないでしょうか。

advertisement

ロストマン

 「ロストマン」は2003年にリリースされたシングルです。藤原さんは、この楽曲の作詞におよそ9カ月もの歳月を費やしたといいます。静けさを感じさせるメロディーに乗る歌詞は、まるで過去の自分自身に語りかけるよう。

 「サヨナラ」という言葉が出てくることから別れや切なさを思わせますが、その一方で未来へと踏み出すような明るさもあり、聴けば聴くほどその世界観に引き込まれていきます。自分の境遇と重ねてみたり、勇気をもらったりと、さまざまな受け取り方ができるのもこの曲の魅力ですよね。

advertisement

車輪の唄

出典:Amazon.co.jp

 「車輪の唄」は2004年に発売されたシングル曲です。歌詞には具体的な描写が多めで、大切な人との長い別れが歌われていることが分かります。特に駅の改札を通り向ける部分は、映像がありありと浮かぶようで、ドラマや映画に出てきそうなワンシーンを思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。

 リズムはどちらかといえば明るく軽快で、そのぶん歌詞に登場する「僕」の心境にグッとくる人も多いかもしれません。切なくなるけれど、同時に心が温かくなるような名曲です。

advertisement

「BUMP OF CHICKEN」の曲で歌詞が好きなのは?

 BUMP OF CHICKENの楽曲は心に寄り添ってくれるような歌詞が心に響きますよね。これまでに発表された曲の中で、あなたが「歌詞が好き」と思うのはどの曲ですか? 選択肢にない場合は「その他」を選んでからコメント欄で教えてください。

 それでは下のアンケートより、ご投票よろしくお願いします!

出典:Amazon.co.jp

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング