メディア

「秋田県の住みここちが良い街」ランキングTOP7! 1位は「秋田市」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大東建託は、秋田県に居住している20歳以上の男女を対象に居住満足度調査を行い、その結果を「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<秋田県版>」として発表しました。今回はその中から、「住みここちが良い自治体ランキング」を紹介します。

 なお「住みここちが良い自治体」のランキングは、現在居住している街を5段階で評価し、その平均値によって作成されています。また、2019年から2022年までの回答を累積・集計したものとなっており、回答者が50人以上いる自治体が対象です。

(出典元:街の住みここち 自治体ランキング2022<秋田県版> |大東建託

advertisement

第2位:横手市

 第2位は昨年順位2位の横手市でした。

 横手市は県東南部に位置しており、県内第2の人口を有しています。秋田自動車道や湯沢横手道路などが通り交通の便が良く、B級グルメの横手焼きそばや伝統行事「かまくら」が有名です。

 居住者からは「人が優しい。困ってたりすると話しかけてくれたりする」「高速道路が横手北インターにできたことと、秋田自動車道の横手インターから四車線化にすることで、物流の流れがスムーズになってくるのではと思います」などのコメントが寄せられていました。

advertisement

第1位:秋田市

 第1位は昨年に引き続き秋田市でした。

 秋田市は県のほぼ中央に位置しており、人口約30万人の緑豊かな都市です。古くから米作りが盛んで、日本酒の産地としても知られています。交通機関や商業施設もバランスよく整備されており、住みここちの良い街となっています。

 居住者からは「小学校・中学校・養護学校と学校が近くにあるので環境が整っている」「大学附属保育園・小学校・中学校を中心とした文教エリアでそこそこ静粛で治安の良いエリアで町内会のまとまりが有り、買い物にもそこそこ便利で満足できる地域である」などのコメントが寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング