メディア

「九州・沖縄の住みここちが良い自治体」ランキングTOP20! 1位は「福岡市中央区」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大東建託は、九州・沖縄に居住している20歳以上の男女を対象に居住満足度調査を行い、その結果を「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<九州・沖縄版>」として発表しました。今回はその中から、「住みここちが良い自治体ランキング」を紹介します。

 なお「住みここちが良い自治体」のランキングは、現在居住している街を5段階で評価し、その平均値によって作成されています。また、2019年から2022年までの回答を累積・集計したものとなっており、回答者が50人以上いる自治体が対象です。

 多くの人から「住みここちが良い」と評価された自治体はどこだったのか。さっそく上位の結果を見ていきましょう。

(出典元:街の住みここち 自治体ランキング2022<九州・沖縄版> |大東建託

advertisement

第2位:福岡市城南区

 第2位は「福岡市城南区」でした。福岡市を構成する7つの行政区の1つで、中央区、南区、早良区と隣接しています。2005年に地下鉄七隈線が開業したことで、利便性が向上。今後さらなる発展が期待されています。

 自然に恵まれた住宅エリアで、水辺のある公園など、子育て世代にうれしい憩いの場が豊富なのもポイント。また、区内には福岡大学、中村学園大学の2つの大学がある文教地区でもあります。区としても「地域と大学の共生」を町づくりのモットーに、遠方から進学のために移住して来る学生や家族、周辺の地域住民がともに住みやすくなるよう環境の整備に取り組んでいます。

advertisement

第1位:福岡市中央区

 第1位「福岡市中央区」でした。九州最大級の繁華街である「天神」、若者に人気の「大名」、銀行やオフィスビルが集まる「薬院」などを擁する福岡市の中心エリアです。福岡市役所や福岡市中央図書館なども中央区に位置しています。

 徒歩圏内に百貨店やスーパーなども多く、博多にもバス1本で移動できるなど、利便性が高いのもポイント。水炊きやもつ鍋といったご当地グルメの名店や、お洒落な隠れ家カフェなどもあり、若者にも魅力的なエリアといえるでしょう。

 また、「舞鶴公園」や「大濠公園」などといった憩いのスポットが豊富で、自然に癒されながらウォーキングやジョギングを楽しむこともできます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.