メディア
画像:写真AC

「キャンプ場が多い都道府県」ランキングTOP10! 第1位は「山梨県」!【2022年最新調査結果】

画像:写真AC
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 NTTタウンページは、「タウンページデータベース(職業別電話帳データ)」をもとに、全国のキャンプ場の登録件数から人気の状況を考察し、どの地域にキャンプ場が多いのかを都道府県別に調査しました。

 今回はその中から、2022年の「人口10万人あたりにおけるキャンプ場登録件数」ランキングを紹介します。最もキャンプ場が多い都道府県はどこだったのか、結果を見ていきましょう!

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第2位:長野県

 第2位には「長野県」がランクイン。2022年のキャンプ場登録件数は84件で、人口10万人あたりでは4.10件でした。日本のほぼ中央、甲信越地方にある長野県は、3000m級の山々が連なる日本アルプスで知られる場所。登山やハイキングでは、高原地帯ならではの動物や植物も多く見ることができます。

 また、湖畔や森林など自然豊かなロケーションに恵まれ、軽井沢町をはじめとする夏の避暑地として全国的にも有名なスポットも数多いため、夏でも快適な環境でキャンプを楽しむことができるでしょう。

advertisement

第1位:山梨県

 そして、第1位は「山梨県」でした! 2022年のキャンプ場登録件数は95件で、人口10万人あたりでは11.73件となっています。2位の長野県と同じく甲信越地方にある山梨県は、周囲を山や川に囲まれた自然豊かな場所。特に日本一の山である富士山を間近で見ることができるのは大きな魅力です。

 近年のキャンプブームの一端を担い、アニメやドラマ版も大ヒットした人気漫画『ゆるキャン△』の主な舞台としても知られている山梨県では、富士山のふもとや富士五湖の周辺に多くのキャンプ場が設けられており、自然の澄んだ空気の中で存分にキャンプを満喫することができます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング