メディア

「北海道の日本酒」人気ランキングTOP10! 第1位は「上川大雪」!【2022年7月27日時点/SAKETIME調べ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本には全国各地に素晴らしい日本酒があります。そんな日本酒との出会いを写真とテキストで記録して、自分だけの日本酒日記をつづることができるサービス「SAKE TIME」。日々、多くの日本酒ファンが自分と日本酒の思い出を投稿し、その魅力を伝えています。

 今回はそんな「SAKE TIME」の協力のもと、「北海道の日本酒」人気ランキングを紹介します。ランキングは2022年7月27日時点のものです。

(出典元:SAKE TIME「北海道の日本酒ランキング2022」

※当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第2位:三千櫻(三千櫻酒造)

 第2位は「三千櫻」でした。醸造元の三千櫻酒造は、上川郡東川町にあります。元々は岐阜県中津川市で1877年に創業した老舗蔵元でしたが、2019年に東川町の公募に応じ、全国でも珍しい公設民営型の酒蔵となりました。

 「彗星」と「きたしずく」といった地元産の酒米を採用し、仕込みに使われるのは大雪山から届けられる豊富な天然水。東川町初の「地酒」として、土地の魅力を余すことなく生かした酒造りを目指しています。

 三千櫻は商品数こそ多くないものの、親しみやすくやわらかな甘みを含んだ優しいお酒。中津川時代からの酒米「愛山」を使用した純米酒は、華やかさの中にお米のふくよかな味わいが感じられると好評です。

advertisement

第1位:上川大雪(上川大雪酒造)

 第1位は「上川大雪」でした。醸造元の上川大雪酒造は大雪山系の麓、上川郡上川町にある酒蔵で、2016年にクラウドファンディングによって誕生しました。上川町の「緑丘蔵」、函館の「五稜乃蔵」、帯広の「碧雲蔵」を展開しています。

 緑丘蔵の酒造りでは、北海道産の酒造好適米「彗星」「吟風」「きたしずく」の3種を使用。こちらも仕込みには大雪山系の天然水を使い、手づくり小仕込みの純米酒にこだわっています。

 地域に愛される地酒造りを信条とし、ラインアップは家庭で飲みやすい四合瓶がメイン。どこまでも飲みやすく、おいしいのが魅力です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.