メディア

「石川県の日本酒」人気ランキングTOP10! 第1位は「手取川」!【2022年7月27日時点/SAKETIME調べ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本には全国各地に素晴らしい日本酒があります。そんな日本酒との出会いを写真とテキストで記録して、自分だけの日本酒日記をつづることができるサービス「SAKE TIME」。日々、多くの日本酒ファンが自分と日本酒の思い出を投稿し、その魅力を伝えています。

 今回はそんな「SAKE TIME」の協力のもと、「石川県の日本酒」の人気ランキングを紹介します。ランキングは2022年7月27日時点のものです。

(出典:SAKE TIME「石川の日本酒ランキング2022」

※当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第2位:天狗舞(車多酒造)

 第2位は車多酒造の「天狗舞」でした。車多酒造は白山市にある1823年創業の老舗酒蔵で、天狗舞といえば石川を代表する銘柄の1つです。天狗舞以外にも車多酒造からは「五凛」が10位にランクインしています。

 能登杜氏による手作りを基本とし、霊峰白山の伏流水を仕込み水に、伝統を引き継ぎつつも毎年細かな改良を重ねています。天狗舞では、多くの商品を山廃仕込みで醸しているのも大きな特徴です。

 山廃特有の濃厚な香味と、酸味のバランスが絶妙。通常の商品は蔵で熟成させてから瓶詰するため、山吹色や黄色に淡く色づきます。冷やしても熱燗でも豊かな味わいが楽しめますが、常温やぬる燗もおすすめです。

advertisement

第1位:手取川(吉田酒造店)

 第1位は吉田酒造店の「手取川」でした。全国的に有名な銘柄で、醸造元の吉田酒造は天狗舞の車多酒造からわずか1キロほどの位置にあります。手取川以外にも吉田酒造店からは「吉田蔵(u)」が7位にランクインしました。

 酒米は石川県で開発された「石川門」「百万石乃白」など、計4種類を使用。稲刈りには蔵人全員で参加するなど、農家とのつながりを大切にしているのも吉田酒造のこだわりです。

 純米や吟醸はもちろん、古酒や県内限定商品など商品のラインアップが豊富なのも手取川の魅力。皮膚科医がプロデュースした「酒粕石鹸」や「米ぬか石鹸」も話題を集めています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.