メディア
画像:MOTA

「ダイハツの新車」人気車種ランキングTOP10! 1位は「ダイハツ ムーヴキャンバス」【2022年7月・MOTA調べ】

画像:MOTA
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 自動車の購入に関する情報・サービスを提供するメディア「MOTA(モータ)」では、新車や中古車の最新の人気車種ランキングを、ボディタイプやメーカー別に紹介しています。今回はその中から、「ダイハツ(新車)ランキング」(2022年7月26日時点)のランキング上位の結果を見てみましょう。

advertisement

第2位:ダイハツ タント

画像:MOTA

 第2位は「ダイハツ タント」でした。2003年に登場した軽トールワゴンで、軽スーパーハイトワゴンという新ジャンルを確立した革新的な車種として知られます。特徴は、同社の「ムーヴ」やスズキの「ワゴンR」など、先行していたトールワゴンより高めに設定された全高。2代目では最大の魅力の一つである「ミラクルオープンドア」を初搭載。乗り降りも荷物の出し入れもしやすくなり、利便性が格段に向上しました。

 現行の4代目からは「ミラクルウォークスルーパッケージ」を採用。運転席に座ったまま後部座席の子どもの面倒をみたり、荷物を取ったりすることもできるようになりました。ほかにも、半ドア時の閉め直しがいらない「助手席イージークローザー」、ドアロックを事前に予約できる「タッチ&ゴーロック」、さらに高性能となった予防安全システム「次世代スマートアシスト」など、多種多様な便利機能を搭載。使い勝手がさらに向上しています。

advertisement

第1位:ダイハツ ムーヴキャンバス

画像:MOTA

 第1位は「ダイハツ ムーヴキャンバス」でした。2016年にリリースされた軽ハイトワゴンで、自分らしく生きる女性をコアターゲットにしつつ、幅広い世代から支持を集める車種です。愛らしい個性的なルックスが魅力なのはもちろん、「ムーヴ」のサイズ感のままスライドドアを採用するなど機能性も抜群。「タント」ほど室内空間は広くないですが、ほど良いサイズ感と利便性の取り合わせが、ありそうでなかった魅力として人気を呼びました。

 2022年にはフルモデルチェンジを経た2代目が登場。初代のデザインを踏襲した愛らしい「ストライプス」とは別に、上質な雰囲気が魅力のシリーズ「セオリー」が新たに投入されました。また新プラットフォーム「DNGA」を採用して基本性能も向上し、ターボエンジンを搭載したモデルも設定。初代の魅力を残しつつ進化を遂げています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング