メディア

「高知県の日本酒」人気ランキングTOP10! 第1位は「亀泉」!【2022年7月19日時点/SAKE TIME調べ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本には全国各地に素晴らしい日本酒があります。そんな日本酒との出会いを写真とテキストで記録して、自分だけの日本酒日記をつづることができるサービス「SAKE TIME」。日々、多くの日本酒ファンが自分と日本酒の思い出を投稿し、その魅力を伝えています。

 今回はそんな「SAKE TIME」の協力のもと、「高知県の日本酒」人気ランキングを紹介します。なお、ランキングは2022年7月19日時点のものです。

(出典元:SAKE TIME「高知の日本酒ランキング2022」

※当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第2位:美丈夫(浜川商店)

 第2位は美丈夫(浜川商店)でした。蔵元の浜川商店は、高知県東部の奈半利川河口に臨む田野町にあります。

 酒米は兵庫県の特A地区指定の田んぼで収穫された「山田錦」のほか、地元高知県で契約栽培される「吟の夢」などを使用。仕込み水に使われる奈半利川の伏流水は、国内屈指の超軟水というのも大きな特徴です。

 「美丈夫」(びじょうふ)の名のごとく、力強くしっかりした立ち上がりが魅力の辛口酒。スタンダードのほか、プレミアムやスパークリングなどレパートリーも豊富です。

advertisement

第1位:亀泉(亀泉酒造)

 第1位は亀泉(亀泉酒造)でした。亀泉酒造は土佐市にある酒蔵で、1897年に創業しました。

 キレのよい辛口の酒がほとんどの高知県にあって、華やかでフルーティな商品が多いのが特徴。生酒の「デリッ酒」やスパークリングの「Perle」(ペルル)といった、斬新なネーミングも目をひきます。

 中でも有名なのが、酵母の名前をそのまま頂いた純米吟醸原酒「CEL-24」。強い立ち上がり香に加え、酸味と甘味のバランスが絶妙で、まるで白ワインのような上品な口当たりが人気です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「お酒」のアクセスランキング