メディア

「新潟県の日本酒」人気ランキングTOP10! 1位は「荷札酒」と「あべ」【2022年7月19日時点/SAKE TIME調べ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本には全国各地にすばらしい日本酒があります。そんな日本酒との出会いを写真とテキストで記録して、自分だけの日本酒日記をつづることができるサービスが「SAKE TIME」。日々、多くの日本酒ファンが自分と日本酒の思い出を投稿し、その魅力を伝えています。

 今回はそんな「SAKE TIME」の協力のもと、「新潟県の日本酒」の人気ランキングを紹介します。ランキングは2022年7月19日時点のものです。

(出典:SAKE TIME「新潟の日本酒ランキング2022」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第1位:あべ(阿部酒造)

 酒どころ新潟からは、第1位に2つの銘柄がランクインしました。そのうちの1つが「あべ(阿部酒造)」です。阿部酒造は新潟県中部の柏崎市にある酒蔵で、1804年(文化元年)創業という長い歴史を持ちます。

 6代目製造責任者の阿部裕太さんは、飲食店検索サイト「ぐるなび」の元社員という経歴の持ち主。培ってきたマーケティングスキルや飲食店とのつながりを駆使し、日本酒販売の新たな地平を模索しています。

 「あべ」シリーズは、そんな阿部さんが2015年に立ち上げた新しいブランド。米のうまみと酸味が感じられる設計で、すべて原酒での提供となっているのが大きな特徴です。定番品から季節限定商品まで幅広い酒を展開し、飲み比べも楽しめます。

advertisement

第1位:荷札酒(加茂錦酒造)

 もう1つの第1位は、「荷札酒(加茂錦酒造)」でした。加茂錦酒造は1893年(明治26年)の創業。中越地域の加茂市で、蔵と同じ名前の「加茂錦」をメインに、長年地元で親しまれてきました。

 そんな加茂錦に「荷札酒」が登場したのは2016年のこと。次期蔵主でもある若き杜氏・田中悠一さんが、「アルコールを感じさせないスムースな味わい」をモットーに立ち上げました。

 なんといっても目を引くのが、名前のとおり荷札をそのまま貼り付けたラベル。そのデザイン性もさることながら、1瓶ごとにタンクナンバーまで細かく情報が記されている点にもこだわりが感じられます。シリーズは精米歩合50%以下の純米大吟醸を基本とし、上品な吟醸香と米本来の味わいが持ち味です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「お酒」のアクセスランキング