メディア
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大東建託は「いい部屋ネット『住みたい街ランキング 2022』」の鹿児島県版を発表しました。この調査は鹿児島県居住の20歳以上の男女を対象に行われています。

 今回はその中から「住みたい街(自治体)」のランキングを紹介します。はたして鹿児島県居住者から住みたい自治体に選ばれたのはどこだったのでしょうか。結果を見ていきましょう!

advertisement

第2位:福岡県 福岡市

画像:PIXTA

 第2位は「福岡県 福岡市」です。福岡県の県庁所在地である福岡市は、天神をはじめとする繁華街が複数あり、商業施設や飲食店が充実している、優れた都市機能を持つエリア。また、九州最大のターミナル駅である博多駅があり、福岡空港へは市内中心部から地下鉄で10分ほどでアクセスが可能と、交通の便が非常に良いのが特徴です。

 そうした優れた都市機能を持ちながらも「野鳥も飛んでくるのでほどほど田舎でほどほど都会な感じがとても気に入っている」との声からも分かるよう、公園や自然を感じるスポットも多いことが人気理由の1つのようです。 

 また子どもに見守り端末や学習タブレットを配布するなど、安心して子育てできる環境も整っています。

advertisement

第1位:鹿児島県 鹿児島市

画像:写真AC

 第1位は「鹿児島県 鹿児島市」でした。鹿児島県の中西部に位置する、県庁所在地である鹿児島市。県のシンボル「桜島」を望む景色と、イタリアのナポリ湾を望むナポリ市が似ていることから「東洋のナポリ」と称されており、国際会議観光都市にも指定されています。

 県最大規模の都市であり、交通網なども充実しています。また江戸時代から城下町として発展してきた歴史ある街であることから、文化的施設や教育機関が充実しているのも特徴です。

 居住者からは「緑地帯のある公園があり、海も近いので開放感があってとてもよい」「質の良い水産物や農産物が安価で手に入る」との声も寄せられており、豊かな自然に恵まれていることも人気の理由のようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング