メディア

【山手線】「もっと評価されるべき」と思う駅ランキングTOP21! 1位は「大崎」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 東京首都圏を走る電車、JR山手線。「新宿」や「品川」など、利用者が多くメディアにもよく取り上げられる駅はもちろん、利用者がそこまで多くない駅にも多くの魅力が詰まっています。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では2022年7月2日から7月9日までの間、「山手線の駅でもっと評価されるべきと思うのは?」というテーマでアンケートを実施しました。

 アンケートでは計477票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは結果を見てみましょう。

advertisement

第2位:大塚

 第2位は「大塚」でした。駅周辺には大型商業施設やオシャレなカフェが並ぶ一方で、「銀の鈴通り商店街」「サンモール大塚商店街」といった昔ながらの商店街・お店も点在。古い街並みと近代的なお店が並ぶディープなエリアとして人気を集めています。

 そんな大塚では、街造りプロジェクト「ba~being&association」によって開業された「大塚のれん街」が注目を集めています。昭和レトロ感あふれる飲食店街は、居るだけでワクワクしてきますね。ハシゴ酒のスポットとしても注目度の高い街です。

advertisement

第1位:大崎

大崎駅
画像:写真AC

 第1位は「大崎」でした。かつて大崎駅は山手線以外の電車が停車しない「単独駅」でしたが、その後りんかい線が開業し、埼京線との相互乗り入れが開始されたことを皮切りに、規模を大きくしていきました。1日の乗車人数はJRで約17.3万人、りんかい線で約6.5万人です。

 そんな大崎の周辺はオフィス街のイメージが強いですよね。しかし、最近は大崎ならではのイベントも話題です。JR大崎駅前で毎月開催している手作り市「REACH大崎クラフトマーケット」や、コミックマーケットに倣った「大崎コミックシェルター」など、多くの人でにぎわう人気イベントとなっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング