メディア

【三重県】「住みここちの良い自治体」ランキングTOP10! 第1位は「三重郡川越町」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大東建託は三重県に居住する20歳以上の男女を対象に、居住満足度調査を実施し、その結果を「いい部屋ネット 住みここちの良い自治体ランキング2022<三重県版>」として発表しました。

 本記事では、発表された結果から「住みここちの良い自治体」のランキングを紹介します。さっそく上位から見ていきましょう。

(出典元:街の住みここち 自治体ランキング<三重県版>|街の住みここち&住みたい街ランキング 2022|いい部屋ネット

advertisement

第2位:三重郡朝日町

 第2位は「三重郡朝日町」でした。三重県の北部に位置し、三重県内で面積が最も小さな自治体です。町内には旧東海道、国道1号、伊勢湾岸自動車道みえ朝日ICなどが走っており、鉄道ではJR関西本線、近鉄名古屋線の2つの駅を有するなど、交通の利便性の高さが魅力的なポイント。

 スーパーも駅から徒歩圏内にあるため、快適に生活できます。コンパクトな土地でありつつも豊かな自然に囲まれのんびりと暮らせるこの街には、丘陵地開発で多くの子育て世代の人々が移住しており、近年人口が急増中。小向(おぶけ)神社で毎年夏におこなわれる「八王子祭り」や、「サマーフェスタASAHI」などといったイベントもあり、町民の活気があふれています。

 町で運営する「朝日町小・中学生海外派遣事業」は子どもたちのグローバルな感性を育てる一助にもなっており、子育て世代にとっても注目の自治体です。

advertisement

第1位:三重郡川越町

 第1位は、2021年の4位から大幅ランクアップした「三重郡川越町」でした。川越町は三重県北部にあり、人口は約1万5000人。伊勢湾岸自動車道、国道23号などの道路が整備されており交通利便性が高いのが魅力のひとつです。

 子育てしやすい街としても定評がある川越町。町は「地域ぐるみで楽しく、安心して子育てできるまち」を目標に、子育て支援センターと児童館を街の中に2カ所ずつ設け、街全体で子育てをする環境を整えています。

 また、今後予測される人口減少を前に、「2030年笑顔あふれる元気なまちづくりプロジェクト」を展開。産業力を高めるため「Made in Kawagoe」ブランドの育成などにも力を入れており、川越町は今後もっと活気づいていくこと間違いなしです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング