メディア

「健康意識が高い人」が多い都道府県ランキング! 第1位は「東京都」!【2019年調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 魚や米といった和食によって、世界有数の平均寿命の長い国となった日本。2019年にブルームバーグが169の国を対象に実施した「健康な国ランキング」では第4位に選ばれており、アジアの中では特に健康的な国と位置付けられています。

 そこで今回は、日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイト「e-Stat」から「国民生活基礎調査 令和元年国民生活基礎調査 健康 都道府県編」のデータを基に、健康意識が高い人が多い都道府県をランキングにしました。ランキングは回答総数に対して「特に何もしていない」と答えた割合を昇順に並べたものです。

(出典元:e-Stat「国民生活基礎調査」

advertisement

第2位:長野県(12.18%)

 第2位は長野県。「特に何もしていない」と答えた人の割合は12.18%でした。

 アンケートに回答した1601人のうち、「規則正しく朝・昼・夕の食事をとっている」と回答した人が最も多く、その次に「たばこを吸わない」「食べ過ぎないようにしている」と続いています。

 長野県では「健康増進」「高齢者の生きがいづくり」を目標に、さまざまな取り組みを行なっており、信州ACE(エース)プロジェクトでは、県民の健康づくりを推進するため、県民運動を展開しています。

advertisement

第1位:東京都(11.31%)

東京都

 第1位は東京都。「特に何もしていない」と答えた人の割合は11.31%です。

 アンケートに回答した​1万691人のうち、「規則正しく朝・昼・夕の食事をとっている」と回答した人が最も多く、その次に「たばこを吸わない」「食べ過ぎないようにしている」が続いています。

 東京都では、2013年3月に「健康寿命の延伸」と「健康格差の縮小」を総合目標に「東京都健康推進プラン21(第二次)」を策定。県をあげて生活習慣病の予防や生活習慣改善の取り組みを進めています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.